fc2ブログ

真夏の肌ケア

MTファーミング・ウオッシュ リニューアル&洗顔シリーズ・パッケージ リニューアル記念のキャンペーンは、
6月で終了致しました 
ご利用頂きまして、誠にありがとうございました


朝から暑くて大変です
涼しいうちに掃除を・・・と思っても、夜ですら暑いですよね、涼しい時間帯がありません
一番暑い時間帯にベランダに出ただけでも、肺?気管?が熱くなって呼吸が少し苦しく感じ、皮膚がジリジリと焼ける様な感覚がします。洗濯物は、一気に乾きますけど。

23808334_l.jpg

紫外線でコラーゲンがダメージを受ける季節です。
何の肌悩みも無い方でもお勧めの1品は
MTプロミネント・エッセンスプロミネントエッセンス
塗布するだけで、グングン浸透する素晴らしいビタミンCです

ホワイトケア・キャンペーン
202207プロミネントキャンペーン
プロミネント・エッセンス1本ご注文の場合、ミニボトル(20ml)1個差し上げます
7月31日までのご注文まで


そして、この季節、是非使って頂きたいのは、やっぱり日焼け止めです

少し、紫外線についておさらいです

紫外線は、UVA・UVB・UVC、と3種類に分別出来ます。
気象庁のデータを見てみますと、UVインデックス、「非常に強い」は5月~8月、4月と9月も「強い」となっています。
『フロン等によりオゾン層が破壊されると、地上において生物に有害な紫外線(UV-B)が増加し、生物への悪影響が増大することが懸念されます。』との事ですから、今起きている環境破壊による気候変動を何とかしないと自然災害が頻繁に起きるだけじゃ済まなくなってしまいます・・・。

3種類の紫外線の内、地上に届くのは、AとB

UVA
冬期や、また朝夕でもあまり減りません。皮膚の真皮層に作用し蛋白質(コラーゲンなど)を変性させるので、皮膚の弾性が失われ老化が促進されてしまいます。また、日焼けとしては色素が沈着し皮膚が黒くなる、いわゆるサンタン と呼ばれる日焼けを引き起こす。曇り空でも窓ガラス越しでも降り注ぐ紫外線です。
お肌の深い部分まで浸透して、長い時間をかけて作用するので、シワ・シミの原因となります。

UVB
皮膚の表皮層に作用し、短時間に強い紫外線を浴びた場合は、皮膚が赤くなり痛む、サンバーン と呼ばれる日焼けを引き起こします。なお、こちらの日焼けの場合も最終的には色素の沈着と黒化を引き起こします。

~日焼け止めクリームのPAとSPFとは~
PA・・・UVAを防ぐ指標
SPF・・・UVBを防ぐ指標

プロテクトUVジェル
MTプロテクト・UVジェル
SPF34 PA+++
ビタミンC/E入りで、ベタベタせず、最高のテクスチャー(ジェルというより、サラッとしたクリーム)です。
日焼け止め特有のべたつき感や圧迫感が苦手な方には特にお勧めです。

紫外線は、曇りでも60%、雨でも30%降り注いでいますので、年間を通して使用する事がベストです。

空間消臭アロマで快適な夏を過ごしましょう♪

当サロンはハーブティは、生活の木さんの物を使わせて頂いています(ビジネススマート会員です)。

生活の木は原宿表参道に創業され、国内外の提携農園から、厳選したハーブや精油、植物油などの製造・販売を行い、全国約110店舗の直営店があります。この辺ですと、伊勢丹立川・グランデュオ立川などに入っています。生活の木の精油は、お安くて種類も豊富、1mlサイズからの物も販売されていて、初心者の方にはとても気軽にアロマセラピーが楽しめる様になっています。

さて、今年も暑くなりそうですね
今は梅雨の時期を迎えていますが、
湿気や酷暑、そんな不快な季節も、アロマセラピーを活用して、爽やかに健やかにお過ごし頂けたらと思います

コアなアロマファンの方が定期的にご使用されています「芳香専用の精油」がございますが、
凄く効きますとの事ですので、
サロンでも少しだけ入荷してみました。良かったら是非ご使用になってみて下さい

全部で5種類出ていますが、消臭効果の高い3種類をセレクトしました。
【雑誌ハルメク】で 「精油なのにわずか10分で生活臭がなかったことに」 と紹介されたそうです。

空間消臭アロマを用いたアンモニアの濃度の推移
deoeo_leaf_common_1_m.jpg
生活の木さんからお借りしました
*クリックで拡大します。

アンモニア臭とは・・・・
「体臭・タバコ臭など生活の中で幅広く発生する臭い」と上記にはあります。
「体から出た汗がつんと鼻につくといった臭い」
「トイレの臭い」
疲労臭は、加齢臭とは異なるそうです。精神的なストレスや肉体的な疲労が蓄積すると、血液中のアンモニア濃度が上がり、アンモニアが血管からガスとしてしみ出して、臭ってしまうそうです  コレ、自分では認識出来にくい臭いで、他の人が感じてしまいます。

アンモニア臭のリスクが高い人

1.お酒をよく飲む
2.肉や魚をよく食べる
3.運動しない
4.心配性で緊張しやすい
5.夜更かしが多い

空間消臭アロマを用いたトリメチルアミンの濃度の推移
deoeo_leaf_common_2_m.jpg
生活の木さんからお借りしました
*クリックで拡大します。

トリメチルアミン臭とは・・・・
「生ごみ臭や糞尿臭など魚の腐った様な臭い」と上記にあります。


~生活の木:空間消臭アロマのご紹介~

シトラスミント
081406220_A_m.jpg

30ml ¥3520-(税込)
アンモニア臭は93.8%消臭だそうです
ミントのかなりすっきりとした清涼感を感じる香りです。
不快な臭いを抑えて、より良い香りの空間に導きます。

ハーバルグリーン
081406240_A_m.jpg
30ml ¥3520-(税込)
アンモニア最大100%消臭
ハーブ調のグリーン感のあるシャープな香りが広がります。

オレンジハーブ
081406210_A_m.jpg
30ml ¥3520-(税込)
アンモニア最大100%消臭
柔らかく甘い香りの中に、グリーン調の香りが広がります。

芳香器は色々種類がありますが、電源や火を使わずに簡単に「アロマストーン」に原液を垂らして空気に拡散する方法がお勧めです。結構香りますよ。
085092040_S_3_m.jpg085092050_A_m.jpg
アロマストーン  1個¥880-(税込)

その他、少しですが以下も入れましたので、宜しかったらどうぞ
120202040_M_m.jpg120202040_S_1_m.jpg
ハンドウオッシュスプレー 30ml¥990-
精油(ユーカリ・テイートリー・ラベンダー・他)とエタノールが入ったハンドスプレーです。
携帯に便利なサイズで、使う度に良い香りで癒されますよ
個人的には、このスプレー、すっごくお気に入りです

082111060_M_m.jpg
ミント&レモン フレグランスシート 10枚入り ¥385-
*こちらは、汗拭き用で、消毒用ではございません。

奥日光ハイキング3⃣ 湯ノ湖コースでお花達に出会う

奥日光ハイキング1⃣ → こちら
奥日光ハイキング2⃣ → こちら

5月20日過ぎに行きました奥日光の記事をのんびりとアップしています。
6月上旬の現在はきっとズミが咲いている頃と思われます。
お花の情報は、日光自然博物館や湯元ビジターセンターなどにご確認下さいませ。

良く晴れ渡った奥日光2日目は、初心者でも楽々な湯ノ湖ハイキングコースへ
湯ノ湖一周コースは、約3㎞、高低差無しで大体1h位で歩けちゃう楽ちんコースになります。ビジターセンターのマップをご覧下さいませ 日光湯元ビジターセンター:ハイキングコース

スタートは9:15頃

今度は自ら進んでバックパックを背負うと、姉が「・・・ここで(この湯ノ湖コースで)、ザックなんだ・・・」と。
湯ノ湖コースこそ、手提げバックで大丈夫みたいです(笑)

雪をかぶった山は、・・・白根山なのかな??
2022yunoko26.jpg

清々しい景色です
2022湯ノ湖
しかし、帽子を忘れたので、真っ黒になる事を覚悟しました

湯ノ湖を一周巡るのも、なんと初めてです
2022ゆのこ2

2022ゆのこ3

歩き始めて間もなく、右手にホテルが

2022yunoko28.jpg
こんな立地の良い所があったのかーと、何というホテルなのか尋ねてみると、
「休暇村」だそうです
多分ですけど、お部屋から林越しに湯ノ湖が見えそうですよね。建物も綺麗だし、いいなー。

湯ノ湖
2022ゆのこ3 (2)
ホント、綺麗です
前日の切込湖刈込湖コースより標高が低いので、新緑が丁度美しい時でした。

音量を大きくすると鳥の声が聞こえると思います。


道の脇に小さいお花達が咲いていました
名前を後から調べました。

2022yunoko21.jpg
コミヤマカタバミ
白くて可憐でとても可愛いお花でした
後ろの苔は、シッポゴケかな??と思いますが、苔初心者なので、良く分かりません。

後から調べて、カタバミ とあったので、そういえば、葉っぱがカタバミだ!!と思いました。カタバミって田んぼのあぜ道とかに山ほどあった気がします(田舎育ちなので)。
「カタバミ」といったら、木村拓哉さんのドラマ「グランメゾン東京」で、カタバミ(普通の黄色いお花のカタバミ)の葉っぱを食べまくっていたことが、強烈に印象に残っています、(カタバミって食べていいんだっけ)と。
ドラマとか、あまり見ないのですが、食や料理には関心があるので、これは全部見ていました。
[・・・ちなみに、大泉 洋さん、面白くて好きなので、NHKの鎌倉殿、始めは見ていたのですが、(・・・なんか、頼朝って好きじゃない!!)と思ってしまって、観なくなりました]


2022yunoko20.jpg
・・・多分、タチツボスミレ
すみれ、大好きなんですが、種類が多すぎてよく分かりません。
スミレってホント可愛い

2022ゆのこ5
イワセントウソウ
これも小さな白いお花なんですが、お花がレースフラワーみたくて葉っぱがセリっぽかったので、セリ科だろうな、とは思っていましたが、やっぱりセリ科でした。

2022yunoko22.jpg 2022yunoko23.jpg
道が平らで楽ちん、ラクチン

前日の影響で苔にも目が行きましたよ

2022yunoko70.jpg
左上は、エゾチョウチンゴケ
右下は、ハイゴケ(多分)

エゾチョウチンゴケ、なんだか、サボテンみたいな、イソギンチャクみたいな格好で、
秘かに凄く可愛いですよ、ビックリ初めて見ました。
*クリックで拡大します。

2022yunoko71.jpg
これは、調べても分かりませんでした。
瑞々しい緑で小さくて可愛かったです。

湯ノ湖では「ヒカリゴケ」も自生しているらしいのですが、苔初心者には分かりませんでした。

2022yunoko90.jpg

アズマシャクナゲの地点に到着です

2022yunoko98.jpg

2022yunoko91.jpg2022yunoko92.jpg

2022yunoko92 (2) 2022yunoko95.jpg

2022yunoko97.jpg

この辺は湯滝の近くなんですが、
日陰にはまだ残雪もありました。2022yunoko76.jpg

2022yunoko77.jpg
フデリンドウ(多分)

凄く小さいリンドウ
初めて見るのか、今までは目が行かなかったのか・・・?
直径が1㎝程で、お花の長さが2㎝位なんですよ。とっても可愛いです

2022yunok74.jpg2022yunoko73.jpg
2022yunoko74.jpg
どのお色がお好みですか
この中では、縁が薄いピンク色の白(右上)、がいいな~


この橋は湯滝の上の辺りです。
2022yunoko78.jpg
この橋の所にズミがあって、今にも咲きそうに蕾が膨らんでいました。今頃は奥日光はズミが綺麗でしょうね

橋から望む湯ノ湖です
2022yunoko79.jpg

橋を渡って、
湯滝に沿って滝つぼまで行ける遊歩道(階段)もありますので、
折角ですから、(もう、姉たちはとっくにいなくなって先を進んでいますので) ちょっとだけ降りてみます
人気はやはり、華厳の滝、そして竜頭の滝なんですが、HEARTY セラピストは湯滝が一番好きなので

これは、これから湯滝として落ちる湯川。なので、一見水の流れがまったりと見えますけど・・・
2022yunoko60.jpg

落ち始め 2022yutaki.jpg

2022yudaki1.jpg
湯滝の上の方は段になっていたのですね、忘れていました。

しぶきが気持ちい~
マイナスイオン、湯滝が一番間近にたっぷりと受けられる気がします。

湯滝 横から
2022yudaki.jpg お花はトウゴクミツバツツジ

湯滝の長さ (110Mなので、結構長いんですよ) の2/3位まで降りて、また戻ります。 スミマセン、滝つぼまで行きませんでしたので、滝つぼの写真は2018Yのブログをご覧ください 「日帰り日光:滝」

先程歩いた山側の方面を望みます
2022湯ノ湖57
後半は、道路側の遊歩道になりますので、更に歩き易い道でした。

道端に咲いているお花も、山っぽい よりは、里っぽい お花に変わって、小さいお花畑を作っていました。
2022湯ノ湖52
ヘビイチゴ

2022湯ノ湖53
キランソウ

2022湯ノ湖51
コテングクワガタ

2022湯ノ湖55
オオカメノキ
これは、切込湖刈込湖コースの最初の所でも沢山咲いていたアジサイに似たお花が咲く木です。

タンポポとスミレも沢山ありました。

大亀の木とトウゴクミツバが左にチラッと 2022湯ノ湖58


2022湯ノ湖58 (2) 

この辺になると温泉(硫黄泉)が湧出しているので、湖の色が白濁しています。

2022湯ノ湖59

はい、11:00位に湯ノ湖一周終了です!
2022湯ノ湖30

沢山植物の観察をしたり写真を撮ったりしましたので、普通の約2倍位時間がかかりましたけど、
(湯滝へ降りて行くのは別として) 道が平坦で凄く歩き易かったです。


ここで、ホテル湖上苑さんの直営のお店が華厳の滝第2駐車場にあるとの事ですので、立ち寄りまして、
無料の甘酒を頂いて
折角ですから、(エレベーターを使わずに)華厳の滝を見てからイロハ坂を下ります。

2022華厳
高さ97M
やはり、カッコイイ

音量を大きくしなくても爆音です。



山の下に下がりまして
珍しく日光湯波のお店でお買い物をしました。
主なお店は
ふじやさんと 2022ふじや

海老屋さん
2022海老や
今回はふじやさんよりお高い海老屋さんでお買い物を致しました。

このお店、道路を挟んで向かい合っています。
お料理屋さんでは無くて、湯波屋さんなので、湯波を購入する場合のみです(湯波料理は頂けません)。

湯波料理はお高いのですが、今は、随分と気軽なお値段でランチなどを出して下さるお店が増えたみたいです。
実は、気になっているとてもお安く湯波が頂けるお店がありますので、また、行ける機会がありましたら、ご報告致しますね

日光ハイクですが、今度は、中禅寺湖南岸を行ってみたいなー、(歩ける内に!!)と思っています

おまけの記事あげました

奥日光ハイキング2⃣ ホテル湖上苑の素晴らしいロケーションに癒される

奥日光ハイキング1⃣ は→ こちら

切込湖刈込湖コースを終了して、
15時チョット過ぎにチェックインしましたお宿は
ホテル 湖上苑
2022kojyouenn.jpg
元外国大使別荘をホテルとされ、古さもあり贅沢ではなくて民宿の様なロッジの様な感じですが、
素晴らしいロケーションと、真心のこもった接客、美味しいお料理に大満足のお宿でした

最大の特徴は、部屋からのこの景色2022kojyouenn4.jpg
分かります
部屋から湖まで1メートル位しかないんですよ
この道路を挟まずにすぐに中禅寺湖というロケーションの宿泊施設は、ここでは唯一です。
湖畔といっても、「道路があって、その向こうが湖」というのが普通なので。

2022kojyouenn90.jpg
中禅寺湖、美しいですね。やっぱり、日光では中禅寺湖が一番好きです。

2022kojyouenn1.jpg
部屋からの景色です。
ただし、HEARTY セラピストの部屋は「訳アリ部屋」で、洗面所・トイレ無し!なんです。
お1人様はこの部屋のみの受け入れです。でもこの辺はお1人様の受け入れがあまり無いので感謝です

椅子に座って湖を眺めます。2022kojyouenn2.jpg

段々、陽が沈んでいきます。2022kojyouenn10.jpg
TV元々あまり見ないのですが、TVつけずに湖の表情の移り変わりを眺めていました。

2022kojyouenn9.jpgすぐ目の前が湖

食事は食堂で。食事の時だけ姉たちと合流しました。

前菜の盛り合わせ
2022kojyouenn18.jpg

2022kojyouenn34.jpg2022kojyouenn33.jpg
左:揚巻湯波    右:五種の豆と五穀のサラダ

2022kojyouenn30 (3)2022kojyouenn31.jpg
左:クリームチーズのたまり漬け  右:生湯波
2022kojyouenn32.jpg
自家製ローストビーフ

2022kojyouenn35.jpg
食べるラー油・・・お土産で販売されているラー油の試食です。

蒸し物
2022kojyouenn36.jpg
枝豆と豆乳の洋風茶碗蒸し

魚料理
2022kojyouenn37.jpg
ニジマスの唐揚げ湖上苑風オレンジソース
これ、頭から全て頂けます。とっても美味しい~

肉料理
20222kojyouenn38.jpg
国産牛のステーキ

ご飯・お吸い物・香の物
2022kojyouenn39.jpg

デザート
2022kojyouenn40.jpg

全部真心がこもった料理とおもてなし、とっても美味しく頂きました

夜19:00 部屋から
2022kojyouenn90 (2)

後から聞きましたが、姉たちは夕食後20時位には既に就寝したとの事、逆に凄い
HEARTY セラピストは、ゆっくりと温泉に入って、就寝したのは23時過ぎです。


翌朝

朝 05:07 部屋から
2022kojyouenn朝

温泉は、日光湯元からの引き湯のかけ流し硫黄泉です。
男女別浴場、といっても家族風呂の様なこじんまりとした露天付きの浴場となります。他、無料で1h貸し切り可能の家族風呂が1か所あります。

前日の利用は男女別浴場、
朝は家族風呂へ
2022こじょうえん2022こじょうえん1
お天気によって白濁する硫黄泉、この時は湯の華舞う、緑色でした。
ここ、小さいですけど、深いんです 深さは贅沢感がありますが、入る時、足が届かない位深いので、お年寄りは無理だと思います。鍵付きでゆっくりと入れます

7:00 部屋から
2022kojyouenn91.jpg

2022こじょうえん2

綺麗~
2022kojyouenn20.jpg
この景色も部屋のデッキからです。
こんな美しい景色が目の前に
幸せ過ぎるー

2022こじょうえん3

朝食は食堂で7:30にお願いしました。
食堂からの景色です
2022こじょうえん4

朝食は和か洋を選べまして、洋食を選択しました。
2022kojyouennasashoku6.jpg2022kojyouennasashoku4.jpg

2022kojyouennasashoku2.jpg
このクラムチャウダーがたっぷりでまた、美味しかったです

2022kojyouennasashoku1.jpg2022kojyouennasashoku7.jpg コーヒーは益子焼の器で。
朝は、コーヒーやカフェオレ、ジュースや牛乳など、好きなものを注文出来て、お代わりもOK、お代わりを変えることも出来ます。
姉たちが部屋に戻った後、HEARTY セラピストは、お代わりをカフェオレでお願いしましたが、カフェオレ、美味しかったです。

こちらは和食。この他、揚げ出し豆腐とお味噌汁が来ました。
2022kojyouennasashoku.jpg

公式HPから予約しましたら3つの特典がありました
2022kojyouenn5.jpg
夕食時1杯のドリンクサービス→生ビールを注文して兄にあげました。

お煎餅を頂きました→2022kojyouenn6.jpg

華厳の滝の第2駐車場の所の「レストラン日光」というお店をこちらが直営されているという事で、そちらでソフトクリーム、または、甘酒が頂けます。折角、山の上に上がってきましたので、帰りに華厳の滝に寄りまして、甘酒を頂きました→2022kojyouenn09.jpg
これが、量たっぷりで、美味しかったですよ。この器直径10㎝位ありました。

これは、フロント脇に置いてあって、好きなものを頂いてお部屋で飲む事が出来ます
2022kojyouenn7.jpg
アーマッドの紅茶のティーバックと、ドトールのスティックコーヒー、美味しかったです。

2022kojyouenn80.jpg
ホテル湖上苑、贅沢ではありませんがスタッフの方々の真心こもったおもてなし、そして、中禅寺湖唯一の素晴らしいロケーションとっても良かったです。大変お世話になりました。ありがとうございました

~湯ノ湖ハイキングへ続く~

*おまけの記事は Continue ボタンをクリック

MTファーミング・ウオッシュが新しくなりました♪

この時を待っていました
メタトロンの洗顔料「MTファーミング・ウオッシュ」が泡立ちが改善されましてリニューアル
お使い頂いている方には、「洗い流した後、しっとりする」とお褒めのお言葉を頂いていましたが、

HEARTY セラピスト自身は、
「MTコロイダルミネラル・ウオッシュ」の方が好きで、毎朝、コロイダル・ミネラルウオッシュで泡パックをしながら歯磨きをするのが習慣になっています。
ファーミングウオッシュ、そう、泡立ちがちょっと弱いなーと以前から思っていました。
MT_FacialFormingWash_JP_202205.jpg

ファーミング・ウオッシュ リニューアル点

RENEWAL POINT 
より弾力のある泡立ちになりました。
濃密泡のクッションが、洗浄時の摩擦を軽減します。

RENEWAL POINT 
潤いキープ成分を新たに配合しました。

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

セラミド類似成分。洗浄によるバリア機能低下を抑制します。

ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

洗い流されずに肌に吸着し保湿感を持続させる吸着型ヒアルロン酸です。
洗い上がりでもしっとりです。


phは5.0とお肌にノンストレスの弱酸性です。
→意外と弱酸性でお肌に負担をかけないphの洗顔料って少ないんですよ。
ニキビ肌の方も弱酸性の洗顔料がお勧めです。

お肌の弱い方・乾燥肌の方・目周りのシワが気になる方は特にMTファーミングウオッシュがお勧めです

~刺激や乾燥から肌を守る「バリア機能」~

バリア機能は、もともと私たちの肌に備わっている機能で、肌の最も外側にある角層という部分がうるおいを蓄えることで成り立ちます。このバリア機能の働きにより、刺激や乾燥から肌を守って健やかな状態を保っています。

このバリア機能が十分に働かない状態だと、刺激や乾燥から肌を守りきれず、炎症が起こり、肌の赤みが発生することに繋がります。

花粉の季節も、花粉に反応して、肌荒れが起きやすくなります。

MTファーミング・ウオッシュ リニューアル キャンペーン
5月23日~6月30日

「MTファーミング・ウオッシュ」
処方&パッケージのリニューアル記念として
現品120gに、10gのミニボトル3個=30g=現品の1/4量 をプレゼント

ファーミング・ウオッシュの処方リニューアルに伴って、
「MTクレンジングジェル」
大人気のMTクレンジングジェルもキャンペーン致します
現品200mlに、50mlのミニボトル1本=現品の1/4量 をプレゼント
こちらのクレンジングジェルは、処方の変更はございませんが、パッケージはリニューアルされます。

MTのクレンジングといえば、田中みな実様、また、三吉彩花様からもご愛用品としてご紹介頂きました。
三吉彩花様は、ジョルジオ アルマーニ が世界で展開するプロジェクト「ジョルジオ アルマーニ クロスロード シーズン2」の日本代表として選ばれ、プロモーションと画像が5月17日に世界同時公開されました。(ちなみに第1回では菜々緒さんがアンバサダーを務められたそうです。)

他、
「MTポイントメイクアップ・リムーバー」
「MTコロイダルミネラル・ウオッシュ」
のパッケージもリニューアルされました
2022senngannshiri-zu.jpg
よりスタイリッシュな感じに


Biyou_BOOK.jpg
美容医療の教科書
P.94に「MT クレンジング・ジェル」が掲載されました。

sweet_kaiun.jpg sweet_p58_01_ec.jpg
MOOK・SWEET 開運本(美容製品)
P.58に「MTエッセンシャル・セラム」が掲載されました。

25ans_202206-01_bcb.jpg

p211-01_b.jpgp216-01_bcb.jpg
25ans 2022年6月号 
P.211に「MT エッセンシャル・セラム」
P.216~217に「MT プロミネント・エッセンス」が掲載されました。

奥日光ハイキング1⃣ 切込湖刈込湖(きりこみこ・かりこみこ)コースで、森の苔達に出会う

1泊で奥日光ハイキングに行って参りました(・・・ほぼ、感覚的には登山。)
1泊ですが、旅行、というか、まめに行く日光ですし、ハイキングですので、カテゴリは「お出かけ」です。

湯元温泉⇔光徳牧場 のコース、全行程は10㎞ 高低差300メートル とあります。*下地図 赤線
実際に歩いたところは、金精道路の入り口⇒山王林道まで*下地図 緑線

南 ← 2022kirikomi.jpg → 北
(この地図は、終点にしました山王林道の所で撮影した物で、出発点はあくまでも湯元温泉近くの金精道路です。)

日光湯元ビジターセンターの地図の方が見易いです  日光湯元ビジターセンター:ハイキングコース

切込湖刈込湖コースは
『苔むす森の中を歩く起伏のあるコース』と紹介されています。
ハイキング、というか、え~、これはもう登山だと思いましたけど・・・。ハイキングなのでしょうか
ハイキング=平らな道 と思っていましたけど・・・・
このコースは健脚向きで、かなり足場の悪い所も沢山ありました。

登山に燃えてる姉と2人で歩きました。義兄も来ましたがこのコースは不参加、義兄に金精道路の入り口で降ろしてもらい、山王林道まで迎えに来てもらいました。

命の『登山靴』と登山用インナーの『ベースレイヤー』を着用しています。
本当は、『熊スプレー』も準備したかったのですが、買いに行く暇がなくて、あっという間に当日となってしまいました。

日光は、山ビルがいるとの事で、絶対にムリ・恐怖ですから、レギンスの上から登山用靴下を履いて、その上に安物のジーンズをはいて絶対に肌が出ない様にしまして、姉手作りの山ビル撃退用『ハッカスプレー』を足元に噴霧ハッカ(ハッカも精油の一つで、薬局で販売されています)の香りを漂わせながら、始めに湯元のビジターセンターに行きましたが、
イロハ坂から上は、山ビルはいないそうです
よかった~安心です。

また、手提げバックにコンビニで買ったサンドイッチを入れようとしましたら、姉に「ふざけてんのかっ」と怒られまして、バックパックを借りました。このバックパックが、本格的過ぎて、機能性があり過ぎて、何処に何を入れたか分からなくなります。モンベルの重たいポットも背負う事になりましたが、湖でコーヒーが飲みたいので頑張ります

晴れるはずが、雨がぱらついてまして、なかなか止みませんので、出発する事に致しました。
カッパなんかありませんので、ビジターセンターで確か¥250-か¥300-のカッパを購入しました。
なんと、帽子も忘れてしまいました!!(日傘はあるけど)

金精道路から山道に入りまして
10:04 スタートです。
2022kirikomi (2)
この辺は、まだやっと木々が芽吹いたばかりという感じでした。

2022kirikomi1.jpg 2022kirikomiko15.jpg
オオカメノキ(大亀の木)の花びらが落ちていました。歓迎されているみたいで、嬉しくなります木に咲くお花ですが、アジサイに似ています。
登り始めは、オオカメノキ、沢山ありました。

結構、険しくて斜度もある道ですが、コレはまだ登りやすい方で、もっと足場の悪い所も沢山ありました。そういう所は必死過ぎて、写真撮影出来ませんでした
2022kirikomi2.jpg


カツラノキ(桂の木) 2022kirikomi3.jpg
桂の木、新緑は淡いオレンジ色なんですね。葉っぱがハート形で、中禅寺湖畔の立木観音が桂の木で出来ているので、覚えています。

この辺は「小峠(ことうげ)」と言われる場所で標高1672メートルです。ちなみに、東照宮五重塔がある場所は標高634メートルです。
来た道を振り返ると湯ノ湖が見えました。
こちらで、小休憩です。

標高順に、
(低)中禅寺湖  湯ノ湖  切込湖刈込湖(高) です。

小峠から先は、残雪がありました。

小峠を過ぎると少しだけ下るのですが、木で出来た階段を降りきった所が一面「雪」というパターンが繰り返されて、チョット大変でした
普通に着地しちゃったら、
滑る  転倒  骨折または捻挫 
が考えられる為、慎重です。必死過ぎて、写真ありません

鹿と思われる足跡

2022kirikomi4.jpg

2022kirikomi4 (2)

残雪が所々にあります。2022kirikomi5.jpg

刈込湖が見えてきました~ 
2022kirikomi6.jpg

2022kirikomi7.jpg
刈込湖 標高1617メートル
・・・う~ん、少し陰気な湖です。三岳(ミツダケ)の北側になるので、陰気感があるのかな?

こちらで休憩しました。
雨がまだ少しパラついています。

この刈込湖で、ソロのお姉さんにお会いしました。
後から来られた方なので、もの凄い勢いで歩いて来られたのだと思います。多分・・・・40代かな??もっとお若くていらっしゃったらスミマセン。
お1人でこんな山奥に来られて、怖くないのかしら
山奥ですから変態はいませんが、熊とか、あと、万が一滑落とか捻挫とか怪我しちゃったら、大変だと思う・・・。

ここで、ファミマで購入しましたサンドイッチとコーヒーと、ケーキ屋さんで購入したメレンゲを頂きました。

サンドはの方が好きなのですが、コーヒーはの方が好きなので、でお買い物をしましたが、のサンドがこれほど美味しく感じた瞬間は無かったです

青い湖を左手に見ながら、次は切込湖に向かいます。
2022kirikomi8 (2)

ここで、姉が携帯を忘れたと言って、湖まで戻る事に
姉が戻るまで、1人で待っていたのですが、ふと見ると、苔が目に入りました。
苔がいい感じと思う年代になりました。
チョット前になりますが、マツコの知らない世界の、苔バージョンをチラ見した事を思い出し、よ~く観察してみました。


~苔の世界~

2022kirikomi20.jpg
スギゴケ

タマゴケ 2022kirikomi21.jpg
クリックすると拡大します。とっても可愛くてビックリしました
名前など全く知りませんので、後から一生懸命調べました。

2022kirikomi29.jpg
イワダレゴケ 
ハイゴケ 2022kirikomi23.jpg

2022kirikomi29 (2)
フロウソウ
これは刈込湖畔で撮影した物です。

~苔のオブジェ~

2022kirikomi25.jpg

色んな苔が自生しています。

雨に濡れて、様々な苔たちがるんっと輝いていました 2022kirikomi24.jpg

2022kirikomi27.jpg
これは、おそらく シッポゴケ
可愛くないですか

姉が「熊にやられないでね」と言い残していきましたので、(マズイ・・・)と思い、i Phoneでクラッシックをかけて、大きめに音を出しました。

誰もいない森の中、濡れて輝く苔たちに、クラシック
すっごい、癒されましたよー


その内、遠くから熊よけのベルが聞こえてきましたので、姉が戻ってくることが分かりました。

2022kirikomi8.jpg

   2022kirikomi9 (2)
まだ、ヤマザクラが残っていました。

更に湖が青く見えるこの辺は切込湖との接続部が近い地点です。
2022kirikomi10.jpg
深そうですね・・。

こちらが接続部
2022kirikomi9.jpg
上が切込湖、手前が刈込湖
この時は、つながっていました。切込湖の方が小さい湖です。

エンレイソウ
2022kirikomi30.jpg
大昔に流行ったエリマキトカゲみたい・・。

これは、コバイケイソウだそうです
2022kirikomi32.jpg

多分、鹿とかに木の皮が食べられてしまった跡かな??
2022kirikomi31.jpg それとも、熊の仕業???

こちらは、切込湖です
2022kirikomi11.jpg
まだ、ヤマザクラが残っています。
切込湖は、湖岸には行けない感じがしましたけど・・。

切込湖を過ぎると目の前が開け、涸沼(カレヌマ)に到着です。
2022kirikomi40.jpg

涸沼を右にぐるっと巡って、最後は黄色の線上の急激な登りが「〆」となります(笑)
2022kirikomi41.jpg

まだ、ここにも残雪がありました。
2022kirikomi50.jpg

2022kirikomi51.jpg
この、上両脇2本のとげっぽい木は桜の様な白い花が咲く「ズミ」です。
戦場ヶ原は、6月上旬が見頃ですが、ここ涸沼は、もっと標高が高いので遅いと思います。

2022kirikomi43.jpg
写真では伝わりませんが、涸沼は広々と開放的で明るいので、このハイキングコースではここが一番良かったです
ここで、🍙2個とお菓子1個を食べまして、最後の急な坂に備えます。

2022kirikomi52.jpg
この右側手前の小さなとげっぽい感じの木も、ズミです。

2022kirikomi54.jpg
はい、この上を目指して上がりましたら本日の予定のコースは終了です。
14:20 着でした。
急な坂の写真は必死過ぎて撮りませんでした
途中お会いしたソロのお姉さんは、光徳牧場まで歩くと言われていました。凄いなー、

切込湖刈込湖コースは、HEARTY セラピスト的には、あまり好みのコースではありませんでした。
コースを終了して、姉夫婦に「私は、北岸(中禅寺湖の)が好き!!」と言いましたら、2人に笑われたのですが、何故笑うのか、謎でした。
命の登山靴、始めはきつめに感じましたが、途中からぶかぶか、とまではいきませんが、緩くなってきていましたので、それだけ足場が悪く足を取られていたのだと思います。痙攣するか、ふくらはぎがパンパンになるか、と思いましたが、全然大丈夫でしたので、登山靴のお陰だと思います。
ちなみに、¥300-位で購入したカッパは、何故か数か所がいつの間にか破れていました。
でも、生き生きと幸せそうに暮らしている森の苔達に会えましたので、それがとっても良かったです

~続く~

分子マスク

しっかりとウイルスから守ってくれて、なおかつ息苦しくない
『分子マスク』がお気に入りです
COVID下では、自分自身の健康を守る事は、ゲストの方々の健康をも守る事につながりますので、
感染防止策は徹底していますし、外出時もポイントを押さえて注意しています。

分子マスクは、布マスクなんですが、
ナノファイバー研究の第一人者といわれる、東京工業大学の谷岡名誉教授が発明したフィルターを採用しているのが特徴です。分子と分子が引き合う力によって、100nmの微粒子を99.9%以上カット出来るそうです。

N95レベルの不織布のマスクは、ちょっと息苦しくて、あと耳紐が長くてブカブカになるので紐を結んで使っていました。

苦しくない高機能マスクを探していた時に見つけた分子マスク、発売されて直ぐの頃に購入しましたが、
今現在は、更に改良されたもの、そして、第3弾としてまたまた改良されたもの、と販売されているみたいです。

銀座に店舗をOPENされるそうで、
その記念として第2弾のマスクが50%OFFのお知らせが来ましたので、早速購入しました。

2022bunnshimasuku.jpg
袋は、ジッパーが付いていますので、マスク入れとしてずっと使えます。
初めて発売されたマスクはもっと厚みがあってぽってりとしていましたが、肌触りが優しくて気に入っていました、苦しくないし
今回購入した第2弾のマスクはもっと薄くなっていました。肌触りが、最初の方が優しかった気がしますけど。
一番新しく改良されたマスクはどうなんでしょうね???

そして、写真右の入れ物は、UVで99.9%ウイルス除去&消臭出来る入れ物です
コレも50%OFF
2022jyuudenn.jpg
スマホも上に置くとワイヤレス充電が出来るみたいですが・・・。i Phone SE 第2世代は対応外でした(笑)

お陰様で、COVIDが問題になってから、風邪も1回も引いていません
また、消毒・換気・手洗い・うがい って凄いですね!!

既に皆様ご存じと思いますが、
残りましたトリートメントオイルは、下のミニ・プラボトルに入れて差し上げています。
2022oirumochikaeri.jpg
簡単に、使い捨て出来る様にプラボトルにしました。
精油が入ったオイルは、本来、遮光瓶が望ましい為、数日で使い切って下さいませ。直射日光の当たる所や高温多湿の所には置かない様にお願い致します

お肌以外にも、ヘアケアにも使えます。シャンプー・リンス後の、ドライヤーで乾かす前のタオルドライの状態の時にお使い下さいませ。髪、つやつやです