少し前の事ですが、TVで、こんにゃくの生産地の女性は綺麗な方が多いといっていたのを、たまたま見たのです。おばあちゃまでも何もしていなくても肌つやが良い方が多いとか・・。えーっ、そうなんだっと、TVをガン見。

その理由は・・・、
こんにゃくの原料には、皮膚や髪の毛のうるおいを守る働きのある「セラミド」がたっぷり含まれているそうです。
その量は、セラミドが多く含まれている他の食品と比べて7~15倍 肌のうるおいを保ち、美肌効果が期待出来るとの事。
セラミド・・・
皆様、そんなにセラミドが含まれていいたなんて、知っていました

ただし、
一般的に市販されているこんにゃくは、こんにゃく芋を精粉し、グルコマンナンだけを取り出したこんにゃく粉から作られているとの事。その作り方だと、精粉の段階でセラミドは多く失われてしまうそうです。セラミドの効果を得るなら、精粉せずに作られた『生芋こんにゃく』が良いのだとか

こんにゃくって
あまり、栄養素が無いというか・・・、
「食物繊維が豊富」というイメージしかなかったんです。

食物繊維のグルコマンナンを摂取することにより、コレステロールの上昇を抑えて、動脈硬化の予防も期待出来るみたいですけど。

以前はホントにこんにゃくって、殆ど興味が無かったんですよね(笑) 味がしないし でも最近、その「セラミドが豊富」な事を知る前から、何となく地元のこんにゃくって、もしかしてとっても美味しかった!?という事に気が付き、最近は食べたいナと思う様になっていました。

2015年に伯母夫婦宅で秋にこんにゃく芋掘りをして手作りこんにゃくを作った時のお芋の写真です(伯母夫婦は去年2人とも他界しました。なので、元気なうちに皆で集まれて本当に良かったと思っています。)。

076.jpg品種は不明。

こんにゃくのお花って、相当薄気味悪いお花が咲くみたいです・・・ 伯母が「まあず、こんにゃくの花はきみわりー花が咲くんだようっ」と栃木弁の北関東独特のイントネーションで言っていたので、すごく面白かった事を思い出します ・・・でもそんな気味悪い花が咲くこんにゃくって、食べて大丈夫なのかしらっとも思って、一瞬不安になりました(笑)
このお芋の姿も独特ですよね・・・。どうして、ツノ?みたくなっているのか・・・。

2017konnyakuha.jpg

こちらは、地元栃木県鹿沼市のこんにゃく畑の葉っぱだと思います・・・確か・・・。この葉っぱもちょっと微妙な感じ(笑)

他のこんにゃくの産地で有名な所でも、鹿沼こんにゃくとはお味が違うなあと思っていましたが、その違いは「こんにゃく芋の種類」みたいですよ 凝固剤はホタテの貝殻の貝殻焼成カルシウムを使ったりすべて手作業で作られているから、シコシコ・ブリっとした歯ごたえなのかと思っていましたが、お芋の種類も違ったみたいですねー。

鹿沼こんにゃくは和玉とよばれる「在来種」という種類のお芋が栽培されている数少ない地域だそうです。
在来種は、粘度が高くて品質が良い、価格も高い、 病気に弱くて気象状況の影響を受けやすく、栽培が簡単ではない品種だそうです。

オンラインでも購入可能ですよ

鹿沼こんにゃく 中條商店

セラミド豊富な生芋こんにゃくです。
期間・数量限定の冬の商品だそうです。HPに行ってみましたら、既に掲載されていませんでしたので、もう終わりかも・・。
2018chuujyou1 (2)
¥432-
乾燥する冬にセラミド豊富な生芋こんにゃくぺなぺな、では無くて、ぷりぷりですよっ
これは、軽く湯がいて鰹節とネギで刺身こんにゃくに。
2018kanumachuujyou.jpg
ポン酢醤油で頂きましたが、とっても美味しかったです


2018chuujyou (2)
¥193-
こちらも地元のこんにゃく芋が原料となっているこんにゃくです。(在来種では無い国産のこんにゃく粉から作られているこんにゃくも販売されています。)

2018kanumakonn1.jpg
手でちぎってピリ辛に炒め煮しただけです。弾力が凄いので、いかにも「ちぎりました」的な姿

2018kanumakonnnyaku.jpg
ただ湯がいて田楽味噌をかけただけです。ブリっとして美味しいっ

こんにゃく自体は元々それ程お高い物では無いので、是非是非こんにゃくを使って上手にお安くヘルシー&ビューティーライフをお送り下さいませサラダや海藻、こんにゃくなどをまず始めに摂取されてからご飯などの糖質を取れば、急激な血糖上昇を防ぐ事が出来て、「脂肪貯蓄」のリスクも減りますよね

久しぶりに、『オリーブオイル』です。

少し前にかなーり、ストロングなオイルを購入(ブログには載せていません)してしまい、「」と思って、ブログからは遠ざかってしまいました(笑)
そのオイルは、他のオリーブオイルを交代で使ったり、混ぜたりしながら、やっと使い切りました。


ガルシア 有機 EX.オリーブオイル
2018garushia.jpg
250ml ¥645-で購入。

スペインのトレド(スペインの真ん中辺り)付近の畑の、ピクアル種と他2種のオリーブがブレンドされているとの事。
2種類の有機の証明、JASマークとユーロリーフ(・・・EUの有機農産物であることを証明するマーク。12個の星で緑の葉っぱの形が作られています。)が付いています。

オリーブオイルというと「イタリア」と思いますけど、スペイン産が実は一番の輸出国みたいですよ。
香りはかなり強めで青っぽい香り。でもジュースっぽくはなく、オイルっぽくまったりとしたオイルと思いました。結構ストロングタイプなのかな?ピリッとした辛味もありますが、それほど辛味はきつく無いです。このお値段はお安いかもと思いました。



雪の降った日に立川エキュートでイルフェジュールさんのケーキを購入した際、紀ノ国屋さんにも立ち寄りました。凄く小さくて凄くお高いオイルもありましたがそれはちょっと予算オーバーなので、
違う物・・・、金色の包装が目立ったこちらのオイルをお試しに購入致しました。

アルドイノ EXV. オリーブオイル フルクトゥス
2018itariaOLO.jpg
100mlサイズの小瓶です。¥810-

イタリアのオイルです。フランスとの国境に近いインぺリアという所だそうです。
低温圧搾で作られるオイルも良質ですが、こちらは圧搾もしないし、フィルター濾過もしない事が大きな特徴。実をすりつぶして、時間をかけて自然沈殿を待ち、分離した上澄みの透明なオイルのみを使用したそうです。ですので、少量しか取れないみたいですね。小さな会社だけどかなり有名、とありました。

香りはそれ程強くないです。ピリッと辛味もありますが強すぎず、なんというか、とっても爽やかな感じ体に良さそう~と感じます。
こちらは、サラッとしたオイルで、このまま飲めちゃえます。


オリーブオイルを使ったサラダですが、

これは大好きな人参のサラダ

2018ninjinns.jpg
このサラダは登場率高いです。
人参は油と相性がいいですし、レーズンも好きなので沢山入れます。チアシードも入っています。最近はチアシード、ふやかすのが面倒で、そのままドレッシングに混ぜ込むことが多いです。面倒だと続かないですしね。

HEARTY セラピストが、いつもいつも頂く食材で一番多いものは、多分「アボカド」
アボカドは常に頂いています。
干しブドウとブロッコリースプラウトも使う率高いかな・・。
チアシードとオリーブオイルと米酢でいっつもドレッシングを作っている気がします。

アボカド&新玉ねぎ&生ハム&ブロッコリースプラウトのサラダ

2018namahamus.jpg
コショウは、最近はミル挽きにしています。

最近作らなくなったサラダは、マカロニサラダですね(笑) 多分、パスタのサラダで野菜が少ないから作らなくなったのだと思います。

AEAJ(公社・日本アロマ環境協会)の機関誌に「腸活の勧め」が掲載されていましたので、腸内環境を整えてくれる食材に触れてみたいと思います。

HEARTY では、今年からサンダルフォン・メソッドとしてボデイメイクのメニュー(パッシブ・デザイニング)も始めています。
ですが、やはり、そこでも重要になりますのが、
『食生活』

美容の面だけではなくて、健康の為には当然重要ですね
「美と健康」ってつながっていますし、
「心と体」もつながっています。

・・・でも、実は自分で言うほど、きちんと料理していないのが現実(笑)

ですので、食生活において重要視する事はPOINT的な感じにしています

以前に見ましたTV、「ピンピンコロリの島」島根県の長寿の島「知夫里島」の情報が心にしっかりと入っています。
介護期間が非常に短期間の方が多いそうですよ、凄いですね

そちらの伝統食が
『なめ味噌』との事
島の方は、毎食食べるのが習慣だそうです。
なめ味噌って、調理せずにそのまま頂くお味噌で、金山寺みそなどがありますよね。
タイ味噌は、加工味噌になるそうですが、やはり、なめ味噌の中の一つです。

HEARTY セラピストの祖母は、病気という病気もせずに、とても長生きしましたが、
よく食していましたのが
ヤクルト、ローヤルゼリー、そして金山寺みそ(舐め味噌)やタイ味噌でした。
子供でしたがよく覚えています。(・・・ふうん)と思っていました。
ローヤルゼリーは、蜂の体内で合成された分泌物なんですよね。女王バチだけが食べる特別な食べ物みたいです。・・・でも子供だったHEARTY セラピストにとっては特にそのお味は独特に感じて、美味しいと思った事は無かったですが・・。

以前、TVで神田明神そばのムロを持っている甘酒屋さんが紹介されていまして、化学調味料無添加、米と麹のみで作る伝統製法、という事に惹かれお買い物に行きました事はブログでもご報告いたしました。その時は、甘酒とタクアンを購入してきたのですが、
甘酒も今、美と健康にと流行っていますけど、本当は「もろみ味噌」が一番欲しかったのです。その時は売り切れで買えなかったんですね。ムロでの発酵が必要だから、すぐには出来ないとの事で、出来るまで待っていたのです

以前の記事の写真

あまのや4
天野屋さんの甘酒とタクアン
(このタクアンがかなり、美味しかったので、また欲しいです。)

そして、後からお取り寄せしましたのがこちらの「久方味噌」

2017hisakatamiso.jpg2017hisakatamiso (2)

天野屋・久方味噌¥756-

kinnzann.jpg

上が天野屋さんの久方味噌、下がスーパーで購入しましたお味噌(金山寺みそ)。
見た目もちょっと違いますが、久方味噌はサラッとした食感です。
このもろみ味噌は、腸内環境を整えてくれますよー

ヨーグルトを沢山食べていてもなかなか便秘が治らない、というお話は意外と結構よく伺いますので、そんな時は、なめ味噌やごぼうなどを摂取してみて下さい。

腸内の善玉菌が増えれば、ダイエットに有効だけでなく
自律神経も整い
免疫機能が活性化
お肌にもGOOD
その他良い事、色々です

あとは、当サロンでも販売しています
酵素女神
2017kouso1.jpg

1箱12包¥3564-
こちらもお勧めですよ

こちらは、スペインのオリーブオイル。エキストラバージンオイルです。

2017unioriba.jpg
きちんと遮光瓶です。

このオイルはスペインの農協が管理されているそうで、こちらにもD.O.Pマークがしっかりついています。

2017unioriba1.jpg
黄色とオレンジの丸いマークです。

その限定された地域は、アンダルシア州コルドバ県のモントロ村とアダムス村との事。そちらの村で採れたピクアル種のみ使用されたものだそうです。・・・ピクアル種って良く分かりませんが

香り、普通に良いです。
大匙1杯を飲んでみました。ジュースみたくはなくて、オイルっぽいオイルですが、すぐにちょっと辛苦なお味がしました。
ラベルには「サラダなどに上からかけて」とありました。
お値段、スミマセン 忘れちゃいましたが、250mlで¥1000-以下で手ごろな価格、¥700位かな?だったと思います。

サラダも毎回ワンパターンなレシピになりがちですが・・・
少し前、このサラダをある方の手作りでご馳走になったのですが、とっても美味しかったんです
なので、真似をして作ってみました
「トマトとバジルとモッツアレラのカプレーゼ」

2017kapure-ze.jpg
並べて、上から塩・ブラックペッパーを挽いて、イタリアンハーブミックス(スパイス売り場にあります)、そしてオイルを回しかけただけです。
美味しいです
コレ、オイルをもっとグレードアップしたら、もっともっと美味しいと思います
如何にも「イタリアン」なサラダ ・・というか、前菜かな??
なんと、バジルは初購入です。パクチーの方が使っていました。『バジル』今まで使った事がなかったですし、モッツアレラも滅多に購入しませんでした。

毎年夏は、山に生える「ミョウガ」を大量に頂きます
ミョウガみたいな香味野菜、好きなんですよねー。
お味噌汁に入れても美味しいですが、
myouga11.jpg
今回はサラダにも入れました。
2017mysarada.jpg
キャベツ・レタス・ブロッコリースプラウト・キュウリ・ミョウガ
で、ウニオリバ・オリーブオイル使用ののドレッシングです。
この黄色の器は「益子焼」です。ミョウガですので、な感じで。

あと、沢山のミョウガは甘酢漬けにしちゃいます

2017myouga.jpg

ドレッシングは簡単なので自分でその都度作りますが、
マヨネーズが大好きなんです。でも、・・・最近血圧が気になる(笑)
高くは無いですが、高くなってきてます(笑) 上が110~120代位なんですよ、若い時は100無かったので。
なので、
mayone-zu.jpg
マヨネーズは、酸味の効いたキューピーさんが好きです。
低脂肪とか、カロリー半分とかのマヨは、あまりお味が好みでは無いのです。

揚げ物も頂く回数が減りましたが、ある日、無性に『エビフライ』が食べたいとなりまして、

2017ebiF.jpg

もっと揚げています(笑) 残った分は冷凍しました。

エビを下ごしらえしたのも、久しぶりー(笑)
海老はコレステロールを多く含むと敬遠される方もいらっしゃるみたいですが、HEARTY セラピストは気にしていません。コレステロールを下げるタウリンも多く含みますし、アスタキサンチンやカルシウムも多いです。

油は、紅花オイルを使いました。昔はリノール酸はLDL(悪玉コレステロール)を下げるという事でリノール酸を多く含む紅花油が人気だったみたいですが、今ではリノール酸はHDL(善玉)も下げてしまう事が分かり、、現在の紅花オイルはリノール酸の量が大幅に減量されオレイン酸の量が増えたハイオレイックタイプが主流だそうです。
オリーブオイルもオレイン酸が多いですよね

で、フライにはタルタルソース
2017tarutaru.jpg
亜麻仁油のマヨネーズに、
ピクルスが無かったのですが、でも、丁度、ミョウガの酢漬けを作っていましたので、ミョウガを刻んで入れました

徐々に、オリーブオイルから話がソレていきました(笑)

イタリア・ガルッフォ社・マラッコのエキストラバージン・オリーブオイル

maraccoo.jpg

こちらは、最近ブログでもご紹介しました神楽坂のイタリア食材輸入販売店「ドルチェ・ウ゛ィータ」さんで見つけて購入してみましたオリーブオイルです。
パッと見た感じ、あまり印象に残らないデザインのラベル・・。と、HEARTY セラピスとは感じたのですが・・・(笑)

でも、しっかり遮光瓶です。

実は、「コレ、ホントに美味しいのかしら・・・大丈夫??」と思っていました(笑)

お値段は、250mlで・・・忘れちゃったのですが、¥1000~¥1500の間だったと思います
大体、250mlで¥1000-位の物を探しています。お安いと品質は大丈夫かしらと疑問だし、お高くても続かないし・・・。
大ビンは酸化の問題があるので、250ml位でいつでも鮮度をある程度保っていたいですし

ところが、
開封してみて
まず香ってみて、

あら
いい香り~

大匙一杯を飲んでみまして、

あ、コレ、美味しっ
とすぐに思いました

なんか、理屈では無くて、頂いてみて、すごく安心感。体に絶対に良い物と感じる、美味しさ
ピリッという辛味もありますが、マイルドで全く気にならず、苦みは皆無です。
とっても軽くてオイル感無し。
ホント、ジュースの様な・・・
コレ、加熱するのはもったいないカモ・・・。

美味しくて、何にでも上からかけたくなっちゃう~

イタリアのシチリアの、トラパニ渓谷という限定された範囲で採取されたオリーブの緑果を使いましたよ、という証の「D.O.P.マーク」が付いています。「D.O.P.マーク」というのは、『限られた地域で』という証になるそうで、その範囲は結構狭いエリアらしいです。
maraccoappu.jpg
ラベルの下の黄とオレンジの丸いマークがD.O.P.マークです。
何処かの有機のマークなのかしらと思っていましたが、地域限定マークだったのですね

手摘みでコールドプレスされた物、というのは当然です。
ラベルはイタリア語?で読めないですし、酸度は、ちょっと分かりません。

ドルチェ・ウ゛ィータのお店の方は「シリアルナンバーがふってありますから安心ですよ」と言われていました。
美味しいオイルでしたので、また神楽坂に行ってこちらのお店でこのオイルと、前回購入しなかったパスタをお買い物したくなっちゃいました そうですね、ランチも意外とお店の数が多かった気軽なイタリアンがいいかもー

ズッキーニのパスタ、出来上がりにこのオイルを上からまわしかけました

ズッキーニP
ナスも入れても緑と紫で可愛かったですよね。そういえば、ナス、しばらく買っていません

定番のトマトサラダトマトサラダタマネギ
この時は、イタリアンパセリ。可愛い葉っぱですが、意外と結構苦いですね(笑) 一枚か二枚をそのままヒラッと飾るのがいいのに、バサバサッと一袋全部使用 (普通のパセリも、食べる派なんです)
玉ねぎをタップリ入れたドレッシング、もちろんこちらのオイル使用

トマト・・・皆様ご存知、βカロチン、リコピンを含む美肌や老化防止に良い食材ですβカロチン(Vit.A)=抗酸化、 リコピン=抗酸化・チロシナーゼ抑制効果(しみ防止) あとは、体を冷やす食べ物ですね。

・・・夏が旬の食べ物は体を冷やす物が多いですよね。あと、暑い所で取れる食べ物も、身体を冷やす物が多いです。理にかなった、というか、神様って天才ですよね

関係無いですけど、キュウリ⇒ キュウリ
可愛くないですか

このマラッコのオイル、美味しいです♪
でも出来れば、もう少しお安くていいオイルに出会いたいナー