ホワイトチアシード&ルイボス茶

ruibosuchia.jpg
活性酸素を防止してくれるSOD様酵素・ポリフェノールが含まれたルイボスティは、継続して愛飲しています (ローズヒップ&ネトルも飲みます
ある時、チアシードにルイボスを含ませたら、最強じゃないかしらと気づきました
*「チアシードをそのまま摂った後に、水を飲む」という方もいらっしゃいますよね。
寝る前、100mlのルイボス茶に、大匙一杯のチアシードを入れて、吸水させた翌朝は、グルコマンナンが、プルプルいい感じで作られています 吸水率が白の方が良いとされますが、やっぱり、見た目も「白」の方がいいですね。

ruichia3.jpg
バナナ&ヨーグルト&ルイボス・チアシードに大好きなメープルをかけました

以前は、ブルーベリー入りのヨーグルトを好んで購入していましたが、最近は何故か(・・ちょっと甘過ぎ)と感じるようになって、今では小岩井生乳100%ヨーグルトを使う事が多いです。

koiwai.jpg

美味しいヘルシー朝食 これで、中性脂肪と悪玉コレステロール対策になります。

チアシード&アサイーの栄養価については、以前の記事をご覧下さいませ。 こちら

エゴマオイルが、少し前、問題になっていましたね。違うオイルを混ぜたのか??肝心のαリノレン酸の含有量がかなり少なくなっていた、との事・・。消費者は折角、αリノレン酸(オメガ3)を求めて購入しているのに、ひどい業者がいます・・・。あまりお安い物は、要注意かも??ですね。オリーブオイルも、見た目を美しい緑色にする為に、何か良くない物を入れていた、という記事を見たのも最近の事です。海外のメーカーさんだったみたいですが・・。

あ、それと、「エゴマオイルのカプセル」を見かけました。多分、エゴマオイルをソフトカプセルに包んだのでしょうか?酸化しなくていいですね。サプリは手軽に栄養を取れる方法です。でも、αリノレン酸だけでなく、同時に食物繊維や他栄養素が取れたり、満腹感を得られる、チアシードの方がお得と思ってしまいます

次は、アサイー
ブルーベリー18倍のポリフェノールです。スバラシイ
asai-kurannberi-.jpg
イマひとつ、写りが悪い感じで、スミマセン・・・
小さじ1杯のアサイー&ヨーグルトです。
クランベリーと、レーズンをアクセントにしました

市販の物で「アサイー使用」とあっても、ブルーベリーなどが沢山混入されている場合が多いですが、純粋な100%アサイーは、少し、独特の風味がしますね。
はちみつとかを入れたら気にならないかも?です。

HEARTY セラピストは、レーズンも大好き 大昔、友達の家に行った時に食事を頂いた事があったのですが、サラダとしてレタスに「レーズン」がふりかけられていたのです。レーズンパンは大好きだったのですが、レーズンを料理に使うという習慣は無かったので、すご~く印象に残って、それ以来、自分でもサラダにも沢山入れるようになりました。

お料理って、その家庭の特徴が出ますよね ポテトサラダ一つとってみても、ジャガイモをマッシュにするか、イチョウ切り?ざく切り?にするか、とか・・・。ハムを入れるとか、魚肉ソーセージを使う方もいらっしゃいますよね。あと、りんごやレーズンを入れる方とか・・。

HEARTY セラピストも、たまに、「きちんとお料理」した時には(笑)、ブログにアップしていきたいナ、と思っています

以前にもお勧めしましたお豆腐のメーカーさん「豆匠 たかち」さん。こちらは、デパ地下などで販売されていますお豆腐「一丁庵」のメーカーさんです。HEARTY セラピストは、こちらのお豆腐が大好き 

更年期を迎える女性は、女性ホルモンが、残念ながら一気に減少していきます。その時から、お肌のハリ艶感も何もしなければ、急降下・・・  なので、外からのお肌のケアも重要ですが、内からのケアも重要 

食生活を変えると、ホント、お肌も変わるんですよ~ 自分自身だと気が付きにくかったりもしますし、自分の経験、というより、ゲストの方の食生活&お肌の変化を通して、学ばせて頂きました

女性ホルモンは、
①エストロゲン(女性らしさ)
②プロゲステロン(妊娠時に増えるホルモン。不足していると冷えなどを起こす)
の2つがあります。

この女性ホルモンは、40歳を過ぎてから、更年期にかけて、急減少してしまいます・・
精油でもホルモンバランスを整える薬理効果を持つものがありますが、食品でも補っていきたいですよね それに、内からの体のケアは、成人病予防にもつながります

大豆製品は、「大豆イソフラボン」が含まれていますが、これは、エストロゲンと似た働きをしてくれるのです。でも、その含有量は微量ですから、ますます大豆製品は毎日取りたい食品です なかなか、難しい事だったりもしますが・・・。
納豆などのネバネバ食品は、体にいいと有名ですが、お豆腐も、低カロリーで良タンパクで満腹感ありで、女性にとっても心強い食品です。

イソフラボンの摂取量は、1日50~80mgが良いとされているみたいですが、統計によると摂取量が不足している人はかなり多いみたいですね。例えば、お豆腐1丁(約300g)に含まれる量は80mg、納豆2Pで、70mgだそうです。

美と健康のために、お豆腐は以前より取るように心掛けているのですが、「有機」とあっても、??・・・美味しいとは限らず、ちょっとお高めであっても、??・・・美味しいとは限らない・・。お豆腐を意識的に取るようになってからそう感じていました。ただの白い物体みたいな・・・、中には、なんか、お薬臭い物もあったり・・・(笑) 

HEARTY セラピストのお気に入り
toushoutakachisann.jpg
「こだわり豆腐屋のきぬ・木綿」1丁¥150‐位です。
こちらは「一丁庵」のブランド名が付いていなくて、普通の大手スーパーで販売されている物ですが、お安くて美味しい

あきる野市が本店の『豆匠たかち』さんのお豆腐は、大豆の甘味がしっかりあるんですよね きっと、豆にもこだわり、水にもこだわっているのでは、と思います。
消泡剤は不使用で、にがりと国産大豆100%使用。「有機」と記載はされていませんが、「有機」と書かれてある他メーカーさんのお豆腐より美味しいし、大豆の甘味がしっかりあります。お醤油を付けないで試食をすると、すごく味が分かります。様々なメーカーさんのお豆腐を食べてみて、(あ、このお豆腐、美味しい・・。何処のかな?)と感じた事が最初でした。

HPはこちら  八王子 一丁庵
販売店は、HPの「販売店舗」ボタンをクリック ⇒ 「直販店以外で一丁庵のお豆腐が買えるお店はこちら」をクリックして、確認してみて下さい。
この辺では、「いなげや・福生店」「イトーヨーカドー・拝島、昭島店」にもありましたよ。

体を作る食品は、やっぱり、良い物を選びたいですよね 皆様も、是非ヘルシーライフをお送り下さいませ

ブラックベリー
kuroべり

地元、栃木県の農産物直売所で販売されていたブラックベリーです

ハーブティに、よく「ブラックべリー・リーフ」がブレンドされているのですが、ブラックベリーのフレッシュな「実」自体を頂いた事が無かったんですよ~。

本当に、『真っ黒』で、粒が大きい・・・。種を包んだ小さな粒粒が沢山集まって、1つの実となっています。 そういう感じ、お嫌いな方もおそらく多いですよね~。酸味があるところなども、あまり「美味しい」と思えない方も多いのでは??

HEARTY セラピストは、「抗酸化物質、大好き(笑)」 ですので、問題無く美味しく頂きました~ 
元々、カシスのシャーベットとか、ベリー系が大好きなんです。・・・というか、何でも好きです。

大昔、子供の頃、「藪??」「あぜ道??」みたいな所に、赤い「木イチゴらしい物??」が実っていて、(・・・ンッ?なんか、これ、美味しそう・・・、食べてみるか)と、その場で 『摘みたて』 を頂いていました(笑)  飢えてたのかしら??

ポリフェノールであるアントシアニンを豊富に含んでいます。その豊富さは、ブルーベリーと1、2位を争うほどです。種にはフラボノイドであるエラグ酸が含まれ、活性酸素の除去だけでなく、メラニン色素を作り出す酵素の働きを抑制してくれます。ビタミンCも豊富なので、もちろん!コラーゲン合成に役立ってくれます

ただ、ガーデニングとなると、「植えてはいけない植物」として度々挙げられてしまうみたいですね・・・ 棘があり繁殖力が旺盛で、虫や鳥が集まってしまったり、庭がジャングルに変貌する可能性大、だそうです。

【ブラックべリー】
原産国 : 北アメリカ
科名 : バラ科
属名 : 木イチゴ属

少し前のお話ですが、「主治医が見つかる診療所」というTV番組を見ました。
そこで、「ピンピン、コロリ」の長寿県「島根県 知夫里(ちぶり)島」が紹介されていました。「ピンピン、コロリ」とは、寝たきりにならずに、健康で長生きして、ポックリ「逝く」という意味です。これって、理想ですよね~!
とっても、興味深かったので、ご紹介致しますね

こちらの島に住まわれている方を訪ねて行った時に、「腸内フローラ」(腸内細菌叢)が非常に良い!という事が、検査の結果分かったそうです。
赤ちゃんの時は、大腸は、ビフィズス菌が殆どを占めているらしいですが、年齢とともに、善玉菌であるビフィズス菌の数が減って、悪玉菌が増えてしまうみたいですね。でも、この島のお年寄りの方々は、大腸の善玉菌と悪玉菌の割合が、理想的な方が多かったそうです。

理想的な腸内細菌の割合は、善玉菌(ビフィズス菌など)、悪玉菌(ウエルシュ菌など)、日和見菌(大腸菌など)の順に、2:1:7、の割合が理想との事。ところが、善玉菌と悪玉菌の割合が逆転している人も多く、その場合は、便秘などの症状があるようです。
長寿県を調査してみると、『腸内フローラが素晴らしい』 とのことでしたが、HEARTY セラピストも、アロマセラピストの経験から、『腸の調子が良くないと、お肌にも悪影響がある』 という事を感じていますので、全てつながっているのでしょね。

腸内環境を整える食品

オリゴ糖・・・なんとなく体に良い、というイメージがあると思いますが、大腸まで届いて、ビフィズス菌(善玉菌)を増やしてくれるそうです。ブドウ糖は、大腸まで届かずに、小腸で吸収されてしまうそうですね。

このオリゴ糖が多く含まれる食品が、①ゴボウ、②玉ねぎ、③納豆、④バナナ、などだそうです。
ゴボウは、調理前にお湯につけるなどして温めると、オリゴ糖が増えるそうです。でも、ちょっと、面倒な気もしますが・・・(笑)。玉ねぎは、火を通すと、分子が細かくなって、吸収されやすくなるとの事。
納豆などの、発酵食品は体に良い、とされていますが、この長寿県の島根・知夫里島の方々は「なめ味噌」という大豆と麦に麹を加えて作られた甘い味噌を常備菜とされてるそうです。頂いた事は無いですが、「金山寺味噌」みたいなお味なのかしら?と思って、金山寺味噌を早速、購入してみたんですよ~ 懐かしい~昔、お婆ちゃんが、よく好んで食べていたんです。HEARTY セラピストのお婆ちゃんも、長生きでしたね。

金山寺味噌。これだけで、ご飯が進みます

kinnzann.jpg


HEARTY セラピストは、体重コントロールの為に、炭水化物抜きをちょっとした事があったのですが、「便秘」になりました・・・ そんな経験から、完璧に炭水化物を抜いてしまうのは、体に良くないのでは?と感じていましたが、ご飯は「ブドウ糖」+「食物繊維」ですから、それを完全に抜いてしまうと、やっぱり便秘になってしまうんですね。なので、夕食の時だけ、炭水化物を控えめにするようにしています。
お薦めは、「豆腐」です夕食時に、炭水化物を控えて、お豆腐をしっかり頂くと、お腹も一杯に腸内環境を整える大豆オリゴ糖が含まれるだけでなく、女性ホルモン(エストロゲン)に構造が似ている「大豆イソフラボン」が含まれていますので、40代以降の女性にお薦め

HEARTY セラピストのお勧めの美味しいお豆腐です

もめん

「豆匠たかち」さんの「一丁庵・もめん」
鶴の子

「一丁庵・鶴の子大豆豆腐」
北海道産鶴の子大豆使用で、藻塩につけて頂きます。濃くて、甘いですよ~

≪デパ地下でなくても、美味しいお豆腐を発見≫

お豆腐って、スーパーにたっくさん並んでるじゃないですか・・・。HEARTY セラピストは、もともと、それ程、豆腐好きでは無かったので、「国産・有機・消泡剤不使用」の基準で選んでも、美味しさが「???」 よくわからなかったのですが、ある日、(ンッ??このお豆腐、美味しいっ!)と思って、パッケージを良く見てみると「豆匠 たかち」との記載が・・・!そのお豆腐は、大型スーパーに他の色々なお豆腐と一緒に陳列されていた「こだわり豆腐屋の木綿」という名前のお豆腐でした。PCで調べてみると、「豆匠たかち」さんは、八王子のお店で「一丁庵」というブランドで、パルコやそごうなどにも出店されている事が分かり、あとから「一丁庵」のブランドのお豆腐も頂いてみたのです(それが上記の写真です)。

ブランド「一丁庵」でなくても、お値段がお安くて美味しいお豆腐「こだわり豆腐屋の・・・」が購入出来るお店のリストは、豆匠たかちさんの「一丁庵」のHP「販売店舗」のボタンから、青い文字「直販店以外で購入出来るお店はこちら」でわかりますよ~ ⇒ 一丁庵HP

皆様もヘルシーライフを是非どうぞ