日光二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)
2018futarasann4.jpg
大鳥居
こちらは、正面の鳥居です。「西参道」を真っすぐ進んで出てきます門です。

西参道脇に最近出来ましたラグジュアリーホテル「あらとうと」さんがありましたが、杉並木で覆われていて、ちょっと環境が暗かった・・・。ちなみに、中禅寺湖と華厳の滝の間に位置するザ・リッツカールトン・日光(2020年開業予定)は、どうなっているのかチラ見しましたら、以前のレイクサイドホテルがやっと全て取り壊しになったところで、何も建っていませんでした。


楼門
2018futarasann1.jpg
奥に銅鳥居が見えます。
東照宮脇の道「上新道」を真っすぐ進んで出てきます門がこちらの楼門です。
位置的に、東照宮の南側に輪王寺がありまして、東照宮の西側に二荒山神社があります。

こちらが、東照宮を前に見て左手から入る上新道

2018futarasann3.jpg

拝殿

2018futarasannhaidenn.jpg
…東照宮拝観の後に二荒山に来ちゃうと、(あれっ??こんなに淋しかった??)と感じちゃいます。
東照宮があまりにも豪華絢爛、煌びやかで、大勢の参拝客がいましたから・・・。

従姉が御朱印を頂きました。
2018futarasann.jpg


「化け灯篭」や「二荒霊泉」は有料の拝観スペースでして、今回は入場しませんでした。

親子杉
2018futarasann7.jpg
根を一つに3本の杉が生えています。ちょっと写真の撮り方が悪かったですね、2本に見えますが3本杉です。
家庭円満のご利益とか・・。

縁結びのご神木
2018futarasann5.jpg
杉と楢(なら)の木が合体しています。・・・デズニ-ランドのカントリーベアシアターみたい(意味わかります??)
2018futarasann6.jpg
「好きなら(杉・楢)一緒」だそうです。


さあ、お土産を買いながら戻りましょう

定番の水羊羹&一口羊羹は三ツ山さんへ
2018mituyama1.jpg
お店は古くからのまま。

2018mituyama.jpg
HEARTY セラピストは、こちらの三ツ山さんの羊羹が一番好き

もう少し餡子が強めがお好みなら、吉田屋さんへ。しっかりした味わいです。
逆に薄目がお好みなら鬼平(きびら)さんへどうぞ。みずみずしい水羊羹です。
でも、食べ比べをしなければ、どちらも美味しいですよ。
日光の水羊羹はお勧めです。美味しいですよ
いつも、水羊羹と一口羊羹を購入します。
大きく太い本煉羊羹ももちろんありますが、ちょっと購入する勇気がない(笑)

2018robataduke.jpg
日光ろばたづけ
たまり漬けも外せない お決まりのらっきょうのたまり漬けを購入しました。

2018konnnyaku.jpg
鹿沼こんにゃく中條商店
鹿沼こんにゃくも帰り道で購入。
美容と健康に美味しいこんにゃくを頂きましょう

2018sumiokonn.jpg

今度は、高原に行きたいナー。ニッコウキスゲは丁度今が見頃なんですよね。いつも久しぶりに行きたいナと思いつつ、今年も無理でしたね、また次回に

これまでの記事はこちら

日帰り日光・中禅寺立木観音
日帰り日光・滝

ランチは日光湯波料理です。

お蕎麦も栃木は美味しいんですけど、それだとちょっとつまらないので、湯波料理
以前伺いました、日本料理「高井屋」さんがとっても美味しかったのですが、食事に時間がかかってしまいますので、今回はパス。
この日は、一度に定食として運んで下さり、なおかつチープなお店の
「さんフィールド」さんへ
2018sannfi-rudo.jpg
食事メニューは、ゆば御膳と山菜うどんしか無かったと思います。あとは、飲み物だったと思いますよ。

2018yubagozenn.jpg
ゆば御膳¥1800-
ご飯の上には、日光名物シソ巻き唐辛子がのっています。このシソ巻き唐辛子はこれだけでご飯がモリモリ頂けちゃいますから、要注意ですね

こちらの煮物の大きな湯波は、「福湯波」と言って、日光輪王寺の何かの行事に使われる特別な湯波だそうで、とっても美味しく煮てありました。
2018湯波

別注文の湯波の刺身を3人でシェア。¥960-
2018湯波刺身
こちらの湯波刺は、とろんと甘みがあるというより、あっさりしたお味でした。色も乳白色というよりは真っ白に近い感じ。どちらの湯波屋さんのものなのか、お聞きすれば良かったな。(ふじやさん、海老屋さんが、日光の有名な湯波屋さんです)

日光ゆばは、湯葉 湯波 と書きます。京都の湯葉より厚みがあるのが特徴で、食べごたえがあります。湯波料理屋さんといいましたら、懐石の高井屋さんの他、ますだやさんや恵比寿屋さんが昔からある有名なお店ですが、湯波料理って大豆ですけど、作るのに手間がかかっているせいか結構お高いんですよ。大体¥4000-以上するイメージです。でもこちらはかなり、気軽に、ですが、湯波をたっぷりと、お安く頂けますね。お安く美味しいから人気なのか、平日14時過ぎでも次々お客様が来られていましたよ。

次はお決まりの
東照宮 
2018toushouguu (2)
とにかく、人・人・人・・・。サスガ、家康様
・・・ちょっと、人が多すぎてゆっくり見れませんでした。時間は平日15時位なのにー。

表門から中は、拝観料¥1300-です。五重塔周辺は無料です。
2018youmeimonn.jpg

この撮影POINTは、TVでも紹介された絶好のパワースポットだそうです。
遠くに見えますのが、1日中見ていて飽きない事から“日暮らしの門”といわれる陽明門。

陽明門【国宝】
2018youmeimonn4.jpg
色々な小さい人や動物がいます。500以上の彫り物があるそうですよ。

2018youmeimonn3.jpg

2018youmeimonn2.jpg

2018youmeimonnhashira (2)  2018sakasabashira (2)
右が陽明門の「逆さ柱」です。塗り替え後で、真っ白になっていました。
「建物は完成した時から崩壊が始まる」為、あえて未完成にした魔よけの逆さ柱・・・もう皆様ご存知と思います。

2018youmeimonn (2)
西陽に照らされて、ますます“キンキンキラキラ”な陽明門

「眠り猫」【国宝】
2018nemurineko.jpg
左甚五郎作

こちらも塗り替え後です。最初、塗り替え直後は「薄目が開いちゃった」んですって。それで、再度塗りなおしたとか・・・。
沢山彫り物があるのに、どうして、この猫だけ有名なんでしょうね 彫り具合というより、「後ろにスズメがいても襲わない猫=平和」という意味合い重要視で有名になったのでしょうか、分かりませんが・・。


神厩舎(うまや)【重要文化財】
“見ざる、言わざる、聞かざる”の「三猿」さんも綺麗になりました。表情がちょっと違います。目がくりくりになって、可愛らしくなりましたよ
2018sannsaru.jpg
塗り替え後
IMG_1300.jpg
三猿さんが有名ですが、人の一生をお猿さんで描かれた掘り物が、厩の周りを飾っていますので、他の物も是非ご覧になってみて下さいませ。

唐門【国宝】
2018karammonn.jpg
こちらも、小さい人や龍とか不思議な動物が沢山います。

この後、鳴き龍の薬師堂(撮影禁止)に入りましたが、人・人・人でごったがえしていました。
朝の中禅寺湖畔の立木観音の時とは大違い
龍のお顔の下で拍子木を打つと、鈴が転がる様な音が響いて、それがまるで龍が鳴いているかのように聞こえます。
拍子木を打って龍が鳴く度に、人々が「おお~・・・」  拍子木を打って「おお~・・・」  拍子木を打って「おお~・・・」

従姉が御朱印を頂きましたが、大勢の参拝客が集まる東照宮ですから書く方もハイペースで上手に書き上げて下さいます。
2018toushouguu6.jpg

混雑する所こそ、朝一番の拝観がいいかもしれませんね。

次は東照宮隣の二荒山神社です。

前回記事はこちら

日帰り日光・中禅寺立木観音

さて、中禅寺湖から更に標高の高い湯ノ湖へ向かいます。

まずは、足湯・あんよの湯 (無料)で一休み。
2018あんよの湯
姉がきちんと3人分のバスタオルを準備してくれています

日光湯元は、鄙びた感じの温泉地ですけど、硫黄泉で泉質がとってもいいですよ。中禅寺湖畔の「中禅寺温泉」、光徳牧場周辺の「光徳温泉」は、そこに温泉が湧いてるわけでは無くて、この湯元からの引き湯になります。湧きたての新鮮な硫黄泉は青っぽい透明なお湯ですが、中禅寺や光徳に引き湯されていく間に、温度が適温に下がって白濁に変わりますから、丁度いい感じにもなりますよね。

湯の平湿原から見た温泉寺

2018温泉寺
ステキですねー、涼しそうな感じがしませんか 鳥の声が聞こえてくる様な・・・

温泉寺も、輪王寺の別院だとか・・・。
温泉寺でも、従姉が御朱印を頂きました。こちらでは、既に御朱印が書かれた物をお渡しする形みたいです。

こちらのお寺は、宿泊・外湯も出来ます。

湯の平湿原→奥日光湯元温泉の源泉地となります。
2018yunodaira.jpg

こちらが、源泉です。
2018湯之平1

2018湯之平2

湯ノ湖も、本当に美しかったですよ。新緑が湖に写って 撮ればよかったですね

湯ノ湖から流れ落ちる滝が
「湯滝」 *マイカーの方、駐車料¥500-
2018yutaki.jpg
これは、滝下の観瀑台からの眺めです。本当に、綺麗でした
この滝、好き意外と、迫力があるんですよ いつも、ここに来て感じるのは、た~っぷりのマイナスイオン こちらは、新緑の時がお勧め 滝上も行けるのですが、今回は行きませんでした。
高さ70m、長さ110m、幅25m、奥日光三名瀑の一つです。


「日光三大滝」と言われるのは
「華厳の滝」「湯滝」「龍頭の滝」
とか
「華厳の滝」「裏見の滝」「霧降の滝」
とか
あるみたいですけど???

皆様はどの滝がお好きですか?
「華厳の滝」は別格として、
「霧降の滝」とか「龍頭の滝」は人気があるみたいですが、
HEARTY セラピストが好きな滝は、「湯滝」と「裏見の滝」、あと、「寂光の滝」も好き。
日光は滝が多い事でも有名ですので、滝巡りもいいですよねー

レストハウスでは、アユの塩焼きが
2018湯滝鮎
当然、頂きます

「龍頭の滝」滝上
2018ryuzu (2)
これは、滝の上から見た景色で、手前(写真下)から奥(写真上)に向かって流れ落ちています。遠くに見える青い部分は中禅寺湖 中禅寺湖より、更に標高が高いことが分かります。
滝の東側に、滝に沿って滝つぼに向かっていける遊歩道もありますよ。「歩いて降りる??」と聞きましたら、姉も従姉も「・・・歩かない」との事で、歩きませんでした。

「龍頭の滝」滝つぼ
2018ryuzuatama (2)
高さは??、長さ210m、幅10m。

竜の頭に見えますか
真ん中の岩が頭で、両脇の滝が白い竜のひげ、だそうです。・・・HEARTY セラピストは、竜には見えないな~と昔から思っていました(笑) 滝全体が、傾斜が緩やかで長いので、それが竜の胴体部分になるのかな?
でも、ここは、かなりの人気スポットで、いっつも人がいる所です。・・・なんというか、優雅な滝です。

こちらのお勧めは春より秋かな、滝つぼの所にモミジがありますので、秋はとっても綺麗なんです。ただし、激混みになると思います。

2018ryuuzu.jpg
龍頭之茶屋
滝を眺めながらお茶が出来る龍頭之茶屋があるから人気なのかも。

こちらの名物は「施無畏団子」

2018danngor.jpg
普通のお団子です。

それより、「ひぐらし餅&抹茶」のセットがありました。
ひぐらし餅 新発売?前からありましたっけ??この後、イギリス大使館でクリームティしますので、結局、ひぐらし餅は頂きませんでしたが、気になる方はHPへ行ってみて下さいませ。

いなごの佃煮が販売されていました

2018inago.jpg
ハイ、虫の「バッタ」です。
HEARTY セラピストは、小さい頃親戚の手作りのイナゴの佃煮を食べた事があります。
・・・怖いですか小魚の佃煮と一緒です。

次は、TEA TIME

英国大使館別荘記念公園
2018igirisutaishikann.jpg
入館料¥200-

こちらは、大使館前の中禅寺湖の景色です。
2018igirisu.jpg

2018igirisu1.jpg

こちらの建物は、観光用に新しくされた物なので、大使館見学でしたら、以前ブログにアップしました「イタリア大使館別荘記念公園」の方がずっとお勧めですが、こちらは、クリームティが出来ます。

2018igirisu2.jpg
スコーン単品(3個)¥1080-

スコーンは、大きめで、優しいお味でした。
クロテッドクリームとこの日は人参のジャム。

2018igirisu3.jpg
紅茶単品¥800-位でしたでしょうか、忘れちゃいました 3種類位ありまして、何を選んだのか・・・忘れちゃいました(笑) 

食器は、バーレイ社のブルーアジアティックフェザンツ
・・とっても可愛い食器なのに、HEARTY セラピストのポットに「欠け」があった・・・ううっ、悲しい

大テーブルに、他のお客様と相席になるシステムでした。

2018chuuzennjikohann.jpg
大使館からの帰り道。
木々の間から見える湖。綺麗でしょう
この湖畔の道を、鳥や春ゼミの声を聴きながら、駐車場へ戻ります こういうひと時がとっても幸せ
鳥や虫たちも幸せそうに、鳴いていましたよ

次は、華厳の滝です。
今回は、ELV.を使って下まで行きますよ~。
¥550-
ELV.使用はかなり久しぶり。
すっかりどんな感じだったか忘れていまして、ELV.の扉が開いたとたんに流れ込むヒンヤリした空気感に驚き、
トンネルを歩いて更に階段を下っていくのですが、
「こうだったっけ??」「新しくなった?」「忘れてるんだよ、こうだったよ」なんて会話をしながら、向かいました。

「華厳の滝」
2018kegonnnotaki.jpg
高さ97m、幅7m

うん、 やっぱりカッコイイ

次は、山を下って(いろは坂を下って)東照宮ですが、その前にランチです。

今も、3年前にアップしました吉祥寺の記事に拍手を頂いていますみたいで・・・。HEARTY ブログをじっくりとお読み下さっている方がいらっしゃるんだなあ・・・と、ありがたく思います

今回は「日帰り日光」
たった1日の観光でも、沢山お写真を撮って参りましたので、記事も何回分か沢山書けそうです。少しづつアップして参りますね。

8歳上の従姉が、田舎が栃木県なのに、個人的に日光観光に行ったのは1回だけ、という事を知りまして、

と、衝撃を受けました。

是非是非!日光に行きましょうよと誘って行って参りました。(日帰り、という事が残念ですけど、大人になるとお互い色々と多忙ですので・・。)

朝早く出発して、7時30分には
中禅寺湖展望台』にいましたよ
2018chuuzennjiko9.jpg
とっても静かで、鳥たちが鳴いて、すご~く良かったです
ここは、訪れる人が少ない場所なんです。
「西の湖」とかも、とっても幻想的で美しいのに、人がいない事が不思議。ただ、西の湖はマイカー乗り入れ禁止地帯で、「低公害バス+徒歩」になりますから、アプローチしにくい事もありますよね。

こちらは、中禅寺立木観音脇の道を半月山方面に向かう中禅寺湖スカイラインを上がった途中にあります。向かう途中、標高がグングン上がって、下界が広がりますので、(ガードレールを突き抜けたら空に飛んでっちゃうよね・・・)とちょっと、怖かった・・ 本当に、道路上でも「空中感」があります

「八丁出島」は矢印の部分です。
2018hacchoudejima.jpg
八丁出島はよく、駅などに貼られています日光紹介のポスターに使われる所です。

姉によると、この先の『半月山展望台』の方が眺望が良く、八丁出島も全形が良く見えるそうですが、少し登山が必要との事です。HEARTY セラピストは、半月山展望台までは行った経験はありませんので、時間がある時に登ってみたいナ~と思いました。歩けるうちに歩いておかないとね(笑)


2018nanntaisann.jpg
男体山を入れたら、湖の全体が写らなかった・・。
男体山は、丁度この湖側の方(南から見る方)が断然形がいいんですよ。絵になりますから凄いと思います。

次に訪れましたのは、
『中禅寺立木観音』
2018立木

こちらも、実は中に入って見学したのは今回が初めて
いつも、横は通り過ぎていましたけど(笑)

2018tachiki7.jpg
運よく、タクシーのオジサン?バスのオジサン?に出会って、立木観音について教えて頂く事が出来ました。「坂東三十三観音」のうち4つが栃木県にあり、一つがここ立木観音で、他三つが、

出流山万願寺(→名前は聞きますが行った事は無いです。)、
大谷観音(→なんか、怖くてあまり行きたくない感じ・・・。でも最近周辺が開拓されています。)、
益子観音(→知りません。)、

だそうです。
この天女様?の彫り物は、そのオジサンに、門をくぐる時に天井も見て!と教えて頂きまして、撮影をしました。なかなか上まで見ないですよね

こちらは、日光山輪王寺の別院になるとか・・・。ん~、どういう事か、良く分かりませんが・・。そもそも、観音様も良く分かりません 輪王寺は、東照宮のすぐ前にある所ですよね。
今現在、輪王寺は塗り替え?中です。

2018立木6 (2)
なんか、いい感じ
訪問はOPEN時間の8時に
清々しい朝の、ほぼ人がいない時間帯で、とっても良かったです


2018諸願成就の鐘
「諸願成就の鐘」・・・やっていませんでした。

2018立木2
「愛染明王」・・・縁結びだそうです。
少し怖い。

2018桂の木
桂の木・・・葉っぱが 可愛いですね。
初めて知りました。皆様、桂の木、葉っぱがハート、ご存知でしたか
愛染明王のお社の前に桂の木がありますが、他敷地内にも桂の木がありますし、立木観音自体も桂の木を彫刻したものだそうです。

2018身代わりのこぶ
「身代わりの瘤」
触ると病気を身代わりして下さるとの事。・・・なんか、触ったら逆に授かりそうで怖い・・・。

中は『撮影禁止』です。ですので、観音様の姿はHPで御覧下さいませ。
中禅寺立木観音
中に入って、「十一面千手観世音菩薩」を初めて見ました。・・・どうしてお顔が11個、手も沢山・・・
観音様は桂の木に彫られているのですが、桂の木の根っこもついたまま彫られているんですってだから、「立木(たちき)」だそうです。

お話を伺って、次は
五大堂(五大明王が安置された祈祷場)に移動して、
お話を伺います。

ここには天井に龍が描かれていますが、東照宮・薬師堂の有名な「鳴き龍」を書かれた方と同じ方、堅山南風さんが書かれたものだそうです。でも、こちらの龍は鳴きません。
姉が、「ここにも鳴き龍がいるんだよね」と言っていましたが、鳴かないけれど、天井に同じ感じの龍がいました。

こちらの龍も、撮影禁止ですが、
2018youmeimonnryuu.jpg
こんな感じです。これは、東照宮・陽明門の天井の龍です。陽明門の下を通る時に撮影しました。

お話を伺って外に出てみると
2018立木3
素晴らしい景色
この景色が一番良かったです 中禅寺立木観音、こんな素晴らしい景色が見られたのですね

2018立木6
「延命水」

2018立木5
従姉が御朱印を頂きました。

ここ、すごく良かったね~と言いながら奥日光へと向かいます。

ゴールデンウィークは皆様何処か行かれましたか

連休は何処にも行きませんでしたので、連休の前に一瞬だけ?水道橋にあります素敵なホテルにお泊りをして参りました。最近は、『ボディケア、またはトリートメント&ホテル』がマイブームです(笑) ただし、今はホテルでもトリートメントを受けられますがお高いので、お外で施術を受けちゃいます(笑)

この時は、本当はアロマセラピートリートメント&ボディケアのロングのセットにしていたのですが、施術者が男性( ・・・サロン詳細までよく見なかったかも・・)
念の為「・・・えっと、アロマセラピーはオイルマッサージですよね??・・・あなたが・・・???」と確認しましたが、そうです、と
最近は、アロマセラピーのセミナーも男性が結構来られていますし、男性セラピストのご紹介も専門誌でされていたりします。
男性にして頂くのが逆に好きな方もいらっしゃるとは思いますが、HEARTY セラピストは、ボディケアも出来れば女性の施術者にお願いしたいくらいですので、もちろん、この時もボディケアだけにして頂きました。

2018kanaru.jpg2018kanaru1.jpg
お気に入りのカナルカフェで(ちなみに、水道橋・飯田橋・神楽坂は近いです。)
夜の雰囲気も素敵ですねー
真っ暗でよく見えませんが、すぐ目の前は「外濠」です。

昼間のカナルカフェ

ko-hi-kanaru.jpg
これは以前伺った時の写真です。デッキサイドは使い捨ての容器になります。

こちらは何度か利用させて頂いていますが、食事は初めて
ピザとか、予想以上に美味しかったですよ(お写真無しです)

こちらは水道橋にあります「庭のホテル
夜のエントランス
2018niwanoh6 (2)
i Phone撮影でイマイチな写真ですけど、
とっても素敵な雰囲気のエントランスです。

お部屋は5F
2018niwanoh.jpg
本当に直前予約でしたから、残念ながら喫煙室しか空きが無かったのですが、空気清浄器をお借り出来ました。
な感じ。「和モダン」ですね。
障子も使われています。

空調は加湿空調ですが、最もクリーンな方法が採用されているとの事、これ重要ですね

十分な広さです。ベッドもゆったりと広くて・・。
2018niwanoh5.jpg
2018niwanoh3.jpg
コーヒーは無かったです。紅茶・緑茶、それと
お水ボトル2本がフリーでした。

バスルーム
2018niwanoh4.jpg
普通っぽいけど、こちらはとっても使いやすいバスルームでしたよバスタブも広め。
脱衣かごもありましたし、身体を洗う専用のタオルもありました。

照明を落とすとこんな感じです
2018niwanoh (2)

こちらのホテルはこじんまりとしていますが、マッサージルームがありました。行こうと思っていて、忘れちゃいました

朝食は付けていませんでしたが、
レストランの雰囲気が素敵でしたので、気が変わって朝食をこちらで取る事に致しました

2018niwanoh10.jpgこのお庭の景色を眺めながらの朝食です
素敵っ
ちょっと混みあっていたのですが、とっても良いお席に案内して頂けましたーありがとうございます。
2018niwanoh7 (2)
2018niwanoh8.jpg2018niwanoh9.jpg
ビュッフェですが、卵料理はオムレツかフライドエッグの選択肢だったかな?う~ん、このオムレツ、美味しいカモ❤
ウインナーよりベーコン派、ポテトは実は大好き、あれば絶対頂きます。ケチャップも大好き💛
もちろん、和食もありましたし、他の洋食メニューもありましたが、HEARTY セラピストは、今回はこんな感じで軽くとりました。
パンもデニッシュとか食パンとか、種類がありましたよ。

053 (2)ドレッシングも種類がありましたが、ちょっと見にくいですけど、綺麗なグリーンのハーブドレッシングをセレクトこのドレッシング、とっても美味しかったですそれに、お野菜がとっても美味しかった、ちょっとお気に入りこのグリーンのハーブドレッシングのサラダを頂きにまた来たいナー♪
あ~、後から、もっと色々ガッツリ頂いちゃったら良かった・・・と思いました(笑)今度はそうしましょ♪


2018niwanoh7.jpgフロント前
お神輿が飾られていたり、和のテイストのお部屋ですので、海外の方にも人気なのか、白人さん達も多くいらっしゃいました。

2018niwanoh11 (2)
朝のうちにパッパとチェックアウトしましたが、
こちらのホテル、とても静かな環境でしたし、とっても好みのタイプでしたので、是非リピしてゆったりと神楽坂散歩と組み合わせて楽しみたいと思いました