日光第3弾として、日光の観光施設や社寺などをご紹介していきたいと思います。少し長くなりそうですので、PART1と2に分けてご紹介致しますね。今回のPART1は、2ヶ所とも、元別荘です。

日光 【大自然編】は、こちら
日光 【カフェ編】は、こちら

まず、山の上(いろは坂を上がった所)からです。

日光・中禅寺湖畔は、明治時代から各国の大使館や海外の方の別荘が建てられ、国際避暑地として発展したそうです。

こちらは、「イタリア大使館別荘記念公園
itaria大使館別荘
無料ですが、協力金¥100-

平成9年まで歴代の大使が夏の間の別荘として使用されていたそうです。

マイカーの場合は、立木観音近くの歌ケ浜駐車場(無料)に駐車してそこから歩いていきますが、その歌ケ浜駐車場よりも大使館別荘寄りに小さな駐車場もあります。でも、それ程歩かずに到着しますよ。
・・・まだ、こちらの別荘が一般公開されていなかった昔は、車で乗り入れが出来たんです~。この場所は、静かな中禅寺湖を堪能出来る秘密のスポットだったのですが、今は・・・、
一般公開されるようになりましたから、ビックリするほど、ワシャワシャと人が来ていました

でも、美しい中禅寺湖は変わらずでした
中禅寺湖①
素敵~

まず、2Fから見学です。
イタリア大使館ベッド
大使のベッドルーム
薄いブルーのベッドカバーが可愛い

2Fの窓からの眺めはこちら
2Fからの眺め②
2Fからの眺め
なんて、美しい景色

1Fに降ります。
ダイニング
ダイニングR2
夏季別荘との事ですが、暖炉もあります。建物の造りを見ると、木造でとっても素敵なのですが、実際、夏以外に使用した場合はかなり寒かったと思いますね・・。夏でも、夜は涼しかったのではないでしょうか??
イタリア料理、どんなメニューだったのでしょうね 絶対、美味しいでしょう~

イタリア廊下②
1Fの湖側は一面がガラス戸になっていて、眺めは最高でした
ダイニングの奥には、簡単なカフェ??(ディスポのカップで飲むコーヒーなど)のコーナーがつくられていました。

続きまして、山の下(いろは坂を下りたエリア)です。

日光田母沢御用邸記念公園(にっこうたもざわごようていきねんこうえん)

田母外観
大人¥510-

当時赤坂離宮で使用されていた旧紀州徳川家江戸中屋敷の一部を移築し、その他の建物は新築される形で、明治32年(1899)に大正天皇(当時 皇太子)のご静養地として造営されたそうです。その後増改築が行われ、大正10年(1921)に今現在の姿となったそうですね。大正天皇をはじめ、三代にわたる天皇・皇太子がご利用になられたそうです。
その後、栃木県により平成12年(2000)に記念公園として公開されるようになったそうですね。

今回初めての見学になります

田母沢シャンデリア
田母沢の丸窓

こちらは、「謁見所」
謁見所
この感じ、「ラストサムライ」で明治天皇役を演じた歌舞伎役者(中村七之助)さんを思い出します。

こちらは、「お玉つき所」でございます
お玉つき所

こちらは、お風呂だそうです
田母沢お風呂
右奥に見えます金属製の大きな入れ物?がお湯を貯める所?なんでしょうか・・・。ちょっと仕組みが良く分かりませんでした。
天井が、換気が良く出来るようになっていて、床が、少し斜めになっていて水はけが良い様に工夫されているとか・・・。シャワー室という事??でしょうか。

こちらは、トイレ
お手洗い
廊下が畳敷きだったりする旅館はよくありますが、トイレが畳敷きなのは、初めて見た かもしれません。トイレを撮影したのも、初めてかも・・・

田母沢お庭
建物の拝観を終えてから、今度はお庭の拝観です。

約400年生きている「しだれ桜」の幹
桜の幹
桜のふすま
そういえば、ふすま?にも、桜が描かれていましたね。あ、でもこれは枝垂れでは無い感じ・・。

とにかく、広かったのですが、想像していたよりも、質素な感じを受けました。
大正天皇って即位期間が短かったと思いますが、(具合が悪かったんだな~)となんとなく感じましたね・・。

田のお庭②

次回は、日光 【歴史・文化編】PART 2として、社寺をご紹介致します。



HEARTY セラピストがお世話になっていますヘアサロンさんは、立川にあるのですが、その近くに、パン屋さんを発見
ヘアサロンのお姉さんが、パンがお好きとの事で、吉祥寺のパン屋さんを自転車で廻った事もあるのだとか・・・ そういう楽しみ方もあるのですね、素敵 そして 『立川って美味しいパン屋さんがあまり無いですよね・・・!』みたいな話となり・・・ 近くのオハナベーカリーさんの事をお姉さんに伺ってみると、「ああ、〇〇が美味しかったですよ。行ってみて下さい。」との事。・・・でも、何が美味しいと言われたのかは、忘れてしまって・・・(笑)
とにかく、サロンの帰りにオハナベーカリーさんに伺ってみる事にしました。

オハナベーカリー看板
路地裏の小さなパン屋さん。10時30分 OPEN

まだ、オープン30分前だというのに、行列が・・・。まだ人数が少なかったのでHEARTY セラピストも並んでみました。
並んでいるお客様は、どうやらリピーターさんの様です。そこで、お勧めのパンを伺ってみました 皆さん、沢山の情報を教えて下さいました でも、それぞれ、お気に入りのパンがあるみたいですね。何でも美味しいという事かしら? 

オハナベーカリー②

楽しい時間を持ちながら、お店がオープン

ohanaB①
天然酵母使用のパンだそうです。

ohana.jpg

皆さん、ゴッソリ ご~っそり 購入されていきます。・・・なので、小さいパン屋さんですから、あっという間に無くなってしまう為、だから、オープン前から行列して待つのですね!!!

HEARTY セラピストは、リピーターさんのお勧めで、食パンと、塩パンと、ベーグル(ましろベーグルにしました)と、丸パンを1個づつ購入。
オハナお土産
天然酵母らしい、体に優しい感じのパンでしたよ~

日光ご紹介第2弾として、【カフェ編】です。日光【大自然編】は⇒ こちら

有名観光地って、食事とかお茶とか、どこがいいのか、難しかったりするんですよね。お高くてあまり美味しくなかったりって結構ありがちじゃないですか??・・・でも、旅行って楽しいので、それはそれで良かったりもします。

以下のお店は2軒とも、山の下(⇒いろは坂を上がらない所)のエリアになります。

日光の有名レストランといえば、「明治の館
明治の館

洋食レストランですが、HEARTY セラピストは、カフェ使いをお勧め
場所は東照宮のすぐ近く(東照宮に向かって右の方)です。

素敵なお店でしょう・・・ 蓄音機を日本に初めて紹介したアメリカ人の元別荘との事で、レストランですが、「登録有形文化財」です。

明治の館テーブル
重厚な趣の石造りの洋館は、一見の価値ありと思います。こちらは、雰囲気がいいんですよね~
スタッフの方は、よくメイドさんが身につける可愛らしい「白のエプロン」ありますよね(⇒秋葉原のメイドカフェでは無いですよ~笑)その装いです
ちなみに、「化粧室」も個室の数が多くて、ゴージャス 化粧室はおそらく後付けだとは思いますが・・・。

ニルバ―ナ

チーズケーキ「ニルバ―ナ」¥500-

ニルバ―ナって、「日瑠華」とも書くんですよ。ちょっと、時代を感じますよね 栃木県の方で、明治の館のニルバ―ナって知らない人いるのかしら?でも、お若い方は知らないかしら(笑)??昔は、『チーズケーキといったら、ニルバ―ナ!!』『明治の館といったら、チーズケーキ!!』 憧れのチーズケーキでした。今は、当たり前に美味しいチーズケーキがいろんなお店から沢山出ていますが、昔は貴重な存在のチーズケーキでした

ニルバ―ナ 懐かしい~っ久しぶりに頂きましたが、お味は変わっていないと思います、多分・・・。レモンの風味が効いていて!

明治の館スコーン

スコーン¥600-

スコーンをメニューの中から発見 嬉しい事に、メープルシロップが1本付いてきて、好きなだけ使う事が出来ます。クリームは「生クリーム」でした。それに、ブルーベリージャムと、バター。トッピングがた~っぷりって嬉しいっ ちょっと、パンに近いスコーンでしたが、1つが大きめできちんと、温めて出して下さっていました。

明治の館お土産コーナー
お土産コーナーもあって、パンも購入出来ます。⇒パンの知名度は、「日光金谷ホテル」の方が高いかしら?(あ、でも、もし金谷Hのパンを購入されるのでしたら、食パンなどの食事系のパンの方がいいかな・・・。)
もちろん、チーズケーキのニルバ―ナも購入する事が出来、ホール小¥1800-で、昔とお値段変わっていない気がします。
あと、意外と知られていないのが、「日光舞茸」 上記の写真にも出ていますが、明治の館グループの方が、舞茸人工栽培の先駆者とか・・・。量産の技術は新潟県の「雪国舞茸」なのでしょうね。
この日光舞茸を食せるのが、明治の館グループのステーキ部門「みはし」さん。日光で、ステーキといえば、(HEARTY セラピスト的には)「グルマンズ 和牛」さんなのですが、今回は、秋ですし、舞茸料理も食べたくて、「みはし」さんにも伺いました。日光【食事編】で、後ほどレポート致しますね

明治の館グループはこちら⇒「明治の館グループ

そして、次にご紹介致しますのは、新しく出来た古民家カフェの
日光珈琲 御用邸通
日光珈琲

日光も、「古民家カフェ・ブーム」が浸透しているらしく、他にも古民家チックなカフェが新しく出来ていました。
日光珈琲のブレンド
日光珈琲オリジナルブレンド ¥594
コーヒー、とっても美味しかったです

日光珈琲の天然氷かき

かき氷 とちおとめ ¥756-

こちらは、機械でかき氷を作っていました。通年メニューだったかどうかは??(ゴメンナサイ。)
氷の質感と、いちごジャムみたいな質感は、ミスマッチかも?

全国で、天然氷を製造している所は、わずか5軒だそうです。その内の3軒が日光市【吉新(よしあら)氷室】【松月(しょうげつ)氷室】【三ツ星氷室】にあるそうです。こちら、「日光珈琲 御用邸通(ごようていどおり)」さんの使っている氷屋さんは「吉新氷室(四代目氷屋徳次郎)」さんの氷だそうです。

ちなみに、以前ブログでご紹介しました「うどんカフェ・何時も庵」さんの氷は「松月氷室」さんの物だそうで、手動でかき氷を作っていました。

日光珈琲の店内
どっしりとした梁が落ち着く雰囲気です。

さて、山の上(いろは坂を上った所)ですが・・・。
カフェのご紹介では無いのですが、「おやつ」をしっかり頂きました

場所は、「華厳(けごん)の滝」の観漠台前の広場です。お土産屋さんや、屋台などが沢山あって、とっても賑わっていました。メイン道路沿いの食堂やお土産屋さんも、「華厳の滝」周辺は、一番活気にあふれている感じを受けます

おやつにする予定では無かったのですが~、
アユ焼き
アユだ!

ヤマメ
ヤマメもいる~♪

岩魚
イワナにしました~

全種類¥600‐一律でした。アユは、一番馴染みが深いでしょうか??スーパーでも売られていますよね。イワナとヤマメですが、ヤマメは独特の「斑点?」が特徴、イワナの方が、脂がのっているんですって 焼き師のおじさんが教えて下さいました。炭で焼いた焼き立てのイワナ 美味しかったです

フッと見ると、お姉さんがソフトクリームを食べていました。・・・栗ソフトですって~ 「美味しいですか?」と質問をしてみたら、「美味しいですよ!」との事。
では、試食を・・・
栗のソフト
意外なお味っ 少し分かりにくいと思いますが、色も上品なベージュ色なんですけど、栗というと「モッサリ」感があるイメージなんですが、何でしょう?洋酒が入っている様な、さっぱりとした、上品な美味しさ 想像していたお味とは違いましたが、美味しかったです

そして、後ろの若者たちが、「すいとん、ウメーッ(うまい)」と・・・。
すいとん煮
¥300‐ 
プラスチックの容器にたっぷりとけんちん汁&すいとんが入ってこのお値段!
ほんと、美味し~っ

焼き栗作りたて
焼き栗  圧力をかけてあっという間に、出来あがる焼き立ての栗 これも美味しそうでしたよ~ この焼き栗は、団体様が、お一人一袋づつ購入され始めたので、あきらめました(笑)

お泊まりの時って、旅館の豪華な夕食と朝食で、お腹が一杯になってしまって、「お昼」ってあまり食べられない事って多くないですか?そんな時は、「買い食い」も楽しくていいですよね

次回は、日光 【歴史・文化編】です。

「MTメタトロン・プレミアムコフレ・2015」をご注文頂きましたゲストの皆様、ありがとうございます 本日より販売開始でございます。

2015MTこふれ
¥19440-(税込) (こちらにオリジナルミラーが付きます。)

リフトアップに欠かせない「MTエッセンシャル・セラム」が入った最強ラインで、“綺麗な大人の女性”の魅力を高めて下さいね
シート状のパックは、イベント前の夜に是非お使い下さいませ 次の日のお出かけは、更にウキウキ気分に
いつまでも綺麗でいる事って、やっぱり何かといいと思うんです・・。
高いモチベーションを持っていられたり、その分、人に優しくなれたり・・・  ・・・楽しい事が増えると思いますよ~

たるみとは、また別のお話ですが・・・、
しみって、後から出てくるんですよね~!!! HEARTY セラピストも、若い頃はほんと「無防備」でしたので、今更、しみが下から出てくると、本当に、しみじみ、ビックリします (⇒シャレではございません)

普段は、MTコスメのホームケアに頼りきっていまして、なかなか自分では大変過ぎて「フェイシャル」ケアまで出来ていなかったのですが、10月、11月とやっと1回/月ピーリングを致しました。出来てしまったシミをすぐに消し去る事は出来ませんが、確実にお肌は変わりますね~ 化粧水を塗っている時に感じます 柔らかくなって、つるつるっ スベスベ になりますね この積み重ねが重要なんだとつくづく思います・・・。

いつものケアに、物足りなさを感じる方は、是非ピーリングをされてみては如何でしょうか
サロンで、お待ち致しております

「日光」は観光地として世界的に有名な所です。国立公園としてだけではなく、日光の社寺は、世界遺産にも登録されて400年式年大祭を迎え、今まで、公開されていなかった部分も特別公開されるなど、そんな恵みの時を迎えています。

折角、HEARTY セラピストの田舎が栃木県ですので、HEARTY ブログを御覧の皆様に、少しづつ日光をご紹介していきたいな~と思います

日光 【カフェ編】は、こちら

日光市民では無かったのですが、暇があると、「日光でも行く??」という感じで、昔は年中、日光に遊びに行っていましたね~。その頃は「庭」のようでした(笑)・・・でも、今は新しいお店も出来て、さすがに知らない事も増えたと思いますが・・・。

今回は、日光の『大自然』編 HEARTY セラピストのお薦め、ディ―プな日光をご紹介致します♪
その後、建物や日光土産など、少しづつご紹介してまいりますね 日光も、新しいカフェが何軒か出来ていましたね~。

☆まず始めに、昔の、旧今市市(いまいちし)や旧栗山村(くりやまむら)の有名温泉地・湯西川温泉や、旧藤原町(ふじわらまち)の有名温泉地・鬼怒川温泉が、今では『日光市』に統合されて、「日光市」となっていますが、まったくエリアが違いますので、ご注意くださいませ。

今回は、車でぴゅーっと中心道路を走っただけでは分からない、素敵な日光をご紹介致します (でも、観光の仕方は目的にもよりますよね。)“自然派”の方にお勧めのスポットをご紹介致します

「いろは坂」を上って奥日光へと向かいます。「いろは坂」は上りと下りは別の道になっています。合わせて、48個のカーブがあります。上りの第2いろは坂から、い、ろ、は、に、ほ、へ、と、・・・とカーブの名前が始まり、下りの第1いろは坂は、な、から始まります。
いろは坂が車で渋滞した時、夜にその様子を遠くから見ると、綺麗なんですよ~。⇒渋滞中の運転手さんに怒られそうな発言・・(笑)。

奥日光の「湯ノ湖」
湯ノ湖
浅い湖、とされていますが、水深は最高で約15mだそうです ・・・深い~、怖いな・・・。泳げないので・・・

こちらは、日光湯元温泉といって、白濁の硫黄泉の温泉が楽しめる所です。栃木県の温泉というと、「鬼怒川温泉」が有名ですが、泉質を楽しむなら絶対、「日光湯元温泉」 国民保養温泉地第1号に指定された所なんです。小さい所なんですけど、湯量は豊富です。・・近いのに、湯元温泉には2回くらい泊まった事があります。板屋さんとか・・。今、気になる所は「ゆ宿・美や川」さん。⇒美や川さんは、自家源泉を持たれてるんですよね。
・・・ちなみに、栃木県で、「白濁の温泉」を求めるなら、他には塩原温泉郷の「新湯温泉」「元湯温泉」、奥鬼怒温泉郷の「加仁湯(かにゆ)」、那須温泉郷の「高雄温泉」ですが、秘湯度が高くなりますねー。

日光では、この「日光湯元温泉」、そして「光徳(こうとく)温泉」「中禅寺(ちゅうぜんじ)温泉」「日光温泉」がありますが、光徳温泉と中禅寺湖周辺の中禅寺温泉は、日光湯元温泉からの引き湯です。日光駅周辺の「日光温泉」は、歴史が浅くまだ最近の温泉のせいかあまり有名では無いと思うのですが、なかなかいいお湯でした。おそらく、日光駅~東照宮近辺の旅館は、日光温泉が使われてるのでは?ご予約の際は、確認して下さいませ。

日光湯元温泉は、源泉が何か所かございます。無料の「あんよの湯」(冬期休業)が新しく出来ていました・・・日本で4番目に濃い硫黄泉とか・・。

yunoko.jpg

こちらは湯ノ湖畔の一角で、辺りは湖の色が白濁しています。*源泉は、すぐ近くの「湯の平湿原」にあります。

湯ノ湖②
湯ノ湖をぐるりと一周めぐる遊歩道があります。湯ノ湖から、湯滝が流れていますよ。湯滝は、高さ70m、長さ110mの滝です。垂直に落下している滝では無くて、角度的に「滑り台」?(笑)みたいに落下するやや幅広の滝です。意外に迫力があります。

続いてのお薦めスポットは、「小田代が原」
小田代④

通常は、「小田代が原」より有名な「戦場が原」の脇を車でぴゅーっと通り過ぎるのが普通な感じと思います(笑)
小田代が原は、マイカー規制地区なので、歩いて行くか、低公害バスに乗って行くか、どちらかになります。それだけ、より一層環境が守られている所です。上高地みたいに!
昔は、マイカーで、乗り入れが出来たのですけど、湿地を保護しましょうという「ラムサール条約」が結ばれたからかしら?

小田代②

上記の写真の左奥遠くに、1本の白樺が立っているのが、お分かりになりますでしょうか??「貴婦人」という名前が、付いているんですよ~、素敵でしょ
写真家の方が、季節毎の小田代が原を撮影に来られますが、貴婦人もよく被写体になります。
HEARTY セラピストのカメラは、i Phone だったり、デジカメだったりするので(笑)、ズームで撮ってもちょっと無理がありますので、これでお許しを(笑)
PCの場合でしたら、クリックして拡大すれば、「貴婦人」がお分かりになるかも?

小田代⑤
小田代①
「小田代が原」・・・あらためて、「良かった~」 シ~ン・・・と、とっても静かで、写真家の方のシャッター音が「カシャ・・・カシャ・・・」と静かに響いて・・・ 心が洗われる様です。

小田代が原は、写真奥に見えます「カラマツ」の葉が金色に紅葉すると「金屏風の様だ」と言われます。そして、金屏風が出来る頃、手前の草原の部分が、真っ赤に紅葉した「草紅葉(くさもみじ)」になるんですよ~。こちらの写真は、「金屏風&草紅葉」が終わった頃です。秋の小田代も美しいですが、一面真っ白に雪が積もった時や、新緑の時、また、湖が出来た時など、様々な表情を見せてくれます。⇒ 数年に1度、雨が沢山降った時に、幻の「小田代湖」が出来るのですよ HEARTY セラピストも1回だけ、幻の湖を見た事があります。それはもう、何というか、ロマンチックでした 鳥たちも、出来たての小田代湖に遊びに来るんですよ

続いての、お薦めスポットは、「西ノ湖」
西の湖①

こちらも低公害バスに乗って、近くで下車し、そこからこんな景色を楽しみながら歩いていきます。きつくないですよ~!
さいのこへ向かう
木々の間から西ノ湖が見えてきました。
西の湖⑤

西の湖④
ここに来ると、「おにぎり」食べたくなっちゃいます(笑)
だって~、絶対、ここで頂くおにぎり、最高に美味しいと思うのです!!!

西の湖③

西ノ湖は、いつ来ても、誰もいません ものすご~く、神秘的、幻想的な湖で、まるで(太古の世界に来ちゃった)、みたいな感じを受けます。ホントーに、(ネッシー出てきたら、どうしよう??)と思うのですよ。ネッシー、分かりますでしょうか?(笑)・・古すぎ??
西の湖②
出会うのは、人より、「鹿」の方が確率高いです。
HEARTY セラピストは、昔、プロのキノコ採り師だったので(笑・嘘です)、念の為に、クマ除けの「ベル(鈴)」を鳴らしながら、西ノ湖に行きました。キノコ採りなどで山に入る時って、クマ除けの「鈴」を鳴らすんですよ~

大昔は、中禅寺湖の一部だったとの事で、西ノ湖から中禅寺湖に川が流れ込んでいます。西ノ湖に流れ込む川は無く、雨が多く降れば、周囲の木々が簡単に水没するんですよ~!木々が水没している様子も、本当に、「神秘的」です!!

西ノ湖に流れ込む川は無いのに、この綺麗さ
西の湖きれい

更に、低公害バスで、中禅寺湖の「千手ケ浜」にも行けます。
中禅寺湖は、日光で一番大きな湖です。この中禅寺湖から流れ落ちる滝が、皆様ご存知の「華厳(けごん)の滝」
本当の中禅寺湖の表情が見たい方は、お土産屋さんや食堂がごちゃごちゃ並んだ通りを車でぴゅーっと通り過ぎるのではつまらないですよね 静かな中禅寺湖を楽しむなら、是非この「千手ケ浜」、もしくは「イタリア大使館別荘記念公園前」がベストです
「千手ケ浜」は、「クリンソウ」が咲き乱れる季節は、激混みしますので、その季節は、低公害バスを利用するのではなく、中禅寺湖の遊覧船の千手ケ浜コースを利用する事をお薦めします。もしくは、竜頭(りゅうず)の滝から歩いて行く方法・・、かなあ。
くりンそう

クリンソウ(こちらは田母沢御用邸のお庭のもの)
サクラ草みたいな感じです。(ぼやけててゴメンナサイ。)

こちらが、日光最大の湖、中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)
chuuzennjiko.jpg
イタリア大使館別荘記念公園周辺の中禅寺湖です。
深さが、163mですって!!! 昔は、平気で足漕ぎボートや、手漕ぎボートに乗っていて、波が来ると「揺れる~」なんて言ってましたが、今は、もう、無理!!絶対乗らない。遊覧船なら乗る。

itariamaeumi.jpg
hacchoudejimahoumenn2.jpg
湖&落ち葉
中禅寺湖も、綺麗でしょ~??落ち葉が、透明な湖の水に浮いています。

華厳②
この中禅寺湖から、ドーッと落ちているのが、「華厳(けごん)の滝」

高さ97m。
有料のエレベーターで観瀑台に行って、滝つぼをより近くで見る事も可能ですが、エレベーターを使わなくても、十分見れますよ。
久しぶりに見ましたが、やっぱり、「かっこいい~
撮影していると、滝つぼに吸い込まれちゃいそうで、怖い・・・。危ない、危ない。⇒別に危なくないのですが・・。

華厳5
ドーッ

そして、「いろは坂」を下ります。
「いろは坂」は、新緑や紅葉の季節は、素晴らしい眺めですよ~!

次のスポットは、「憾満ケ淵(かんまんがふち)」
カンマンヶ淵
行きと帰りと数が違うといわれる約70体の「化け地蔵」
⇒ただの数え間違いだと思います
ここは、日本人は少ないです。海外の方の方が多いかなあ。でも、基本的に訪れる人は少ないですよ。なので、「しっとり~」感を味わえます
美しいカンマンが淵

カンマンの流れ
カンマンの川底
川の名前は「大谷川(だいやがわ)」華厳の滝から続いています。綺麗でしょ?
やっぱり、新緑や紅葉の時がより一層綺麗でしょうね。この対岸が「田母沢御用邸」になります。

日光は滝が多いことでも知られ、全部で48個、その他、名も無い小さい滝も沢山あると思います。
「華厳(けごん)の滝」「湯滝」「竜頭(りゅうず)の滝」「霧降(きりふり)の滝」「裏見(うらみ)の滝」などが有名かな。裏見の滝は既に1902年の時に、崩落の為裏側に行く道が困難になり、行けなくなってしまっていました、が、約20年前当時でも、HEARTY セラピストは「よいしょっ」と足場の危険な所を渡って裏側に行っていましたが(笑)。今は完璧に行けなくなったみたいですね。

次回の日光は、【カフェ編】です。

『秋のアロマセラピー・キャンペーン♪』 終了致しました お越し下さいましたゲストの皆様、誠にありがとうございました

「ホワイト・チアシード」  ゲストの皆様のご関心も高く、途中、多めに追加で入荷致しました ・・・やはり、黒より白の方がいいですよねっ(笑) 「見た目」と、「吸水力」が白の方がいいのです。 ・・・試した結果、1日大匙1杯(必要な栄養素は1日大匙1杯でOK)のチアシードを吸水させる水の分量は、100mlが一番良かったです 寝る前に作り、朝にはいい感じで、「グルコマンナン」が形成されています。1時間の吸水時間だと、足りないですね、やはり、半日位、もしくは一晩が良かったです。途中、可能であれば、1回くらいかき混ぜると、均等に吸水するのでもっとBESTでしょうか。朝は、チアシードとヨーグルトで、ヘルシーに ダイエット目的でしたら、夜に召し上がられた方が、夜の全体の食事摂取量が少なくなっていいでしょうね。 関連記事⇒ お勧め!スーパーフード♪

pixta_5036520.jpg


今回は、「精油(エッセンシャルオイル)」のお話です。


昼間は「ローズマリー・カンファー」&「レモン」、夜は「ラベンダー」「オレンジ」。 この精油の組み合わせが、認知症対策だけでなく、自律神経を整える事にも効果的といわれています。

また、高温多湿の夏を快適に過ごす為にHEARTY セラピストのお勧めの精油は、冷却効果のある「ペパーミント」でした

さて、これから向かってまいります秋・冬の寒い季節にお勧めの精油は

nashirinngoseiyu.jpg

セラピストによって、お勧めの精油は様々と思いますが・・・、
「ベンゾイン」&「オレンジ」などは如何でしょうか??

ベンゾイン
 
安息香(あんそくこう)ともいわれるように、「息を安らかにしてくれる香り」です。歴史は古く古代から使われてきた精油で、バニラの様な甘い香りは香水にも使われ、香りも長持ちします。不安感を取り除き、深い呼吸を促してくれる癒しの精油です。

血液の循環を良くするので体が温まり、咳・痰などの症状を軽減させますので、呼吸器系の疾患や、膀胱炎などの泌尿器系にも良いとされます。

温かみのある精油ですので、寒い時期にお勧めですねまた、固くなったお肌を柔軟にするエモリエント効果もございますので、これからの季節にピッタリです。

【英名】Benzoin
【学名】Styrax benzoin
【科名】エゴノキ科
【抽出部位】樹脂
【抽出方法】溶剤抽出法
【主な有効成分】ケイ皮酸エステル・バニリン

オレンジ・スイート

シトラスの香りは、馴染み深いのでアロマセラピー初心者でも抵抗が無い香りですね。
シトラス系の中でも、オレンジは、温かみのある香りですので、「ホッ」と出来る香りです。
小春日和の太陽や、暖かな暖炉 の様なイメージ・・・。
シナモンとオレンジって相性がいいですから、芳香浴で合わせても「暖かい」空気感を作れそう・・・。

オレンジは、心をウキウキと気分を明るくしてくれる精油です。

精神的な問題からくる神経性の胃痛や下痢などの消化器症状も緩和してくれますよ

【英名】Orange
【学名】Citrus sinensis
【科名】ミカン科
【抽出部位】果皮
【抽出方法】圧搾法
【主な有効成分】リモネン・リナロール・シトラール

寒くて乾燥する季節も、アロマセラピーで、ほっこり あったか HAPPYに過ごしましょう