栃木県の鹿沼市・日光市(旧いまいち市とか・・)は、全国的にはあまり有名ではないのかもしれませんが、お蕎麦がお安くて美味しいのです。そして、ニラも鹿沼市は生産量日本一とか

その2つの名物がコラボしましたのが、

『ニラ蕎麦』

2017miyairisoba1.jpg
宮入そばのニラ蕎麦

大盛では無いのに、2人前位はある量で、なんと¥600-


大盛なので、 2017miyairisoba2.jpg 薬味も大量
ねぎとワサビと、青唐辛子。青唐辛子、懐かしい

漬物は、ぬか漬けですが、野菜が新鮮で、とっても美味しい

ニラも、大量 2017miyairisoba.jpg
ニラも、とっても新鮮 栃ナビ情報だと、地元の契約農家からニラを仕入れているとの事。
このニラ、とっても美味しかった 甘いです。

HEARTY セラピストの従姉も、この辺のニラ農家に嫁いでいるんですよねー。

今では、ニラ蕎麦は鹿沼市の名物お蕎麦です。
こちらのお店も人気店で、お盆中でしたが次々お客様が来られていました。注文の6、7割が「ニラ蕎麦」です

ニラ蕎麦、美味し~っ
ニラ素麺は、ちょっと違うかなと思いますが、やっぱりニラはお蕎麦の方が合うと思います

こんなに、大量のお蕎麦とニラを準備するのって、どれだけ大変なんでしょー!!と思っちゃいました。だって、みんな、通常盛が「大盛」ですから

最近は、ニラ蕎麦とはまた別の、地元のお蕎麦屋さん達が「サラダ蕎麦」と言って、お蕎麦をサラダ感覚で食べるメニューを、それぞれのお店がオリジナルで考案して始めたみたいですね。
あ、でもこちらの宮入そばさんでは、サラダ蕎麦のメニューはございませんでした。
~~~~~

そば通の方から見たら、
ニラと蕎麦
折角の蕎麦の香りが台無し・・・  、と思われるかも
蕎麦の風味を重要視される方は、ネギもワサビも入れるのはですよね。
なので、「タイプが違う」事をご注意くださいね
あと、お蕎麦はプラスチックトレイに載ってきますが、そのトレイがお水ひたひただったりしますので、あしからず・・・。
天ぷらは家庭的な感じです。
~~~~~

HEARTY セラピストは、最初から、蕎麦つゆに、ワサビとねぎと青唐辛子をごっそり入れて美味しく頂きました

こちらは、やはり、鹿沼市名物の
鹿沼こんにゃく

2017miyairi3.jpg
鹿沼こんにゃくのブリっとした、硬めの歯ごたえが好きなんですが、こちらは、比較的柔らかめの食感でした。
でも、美味しかったです。どちらのこんにゃく屋さんの物なのかな?
HEARTY セラピストは、この他、野菜の天ぷら盛り合わせも追加しました。

蕎麦大臣の姉は、盛り蕎麦。姉は、地元のお蕎麦屋さん殆ど全てを制覇していまして評価が厳しいのです(笑)
従姉は、大根蕎麦 ⇒ みんな、当然「おろし蕎麦」だと思っていましたら、盛り蕎麦の上に千切り大根がのっているので、一同驚きましたそういうのも、面白いですよね。



この時は、お盆の最中で、
HEARTY セラピストも、1日だけ田舎に行きまして、親戚まわりをしてきました。

訪ねると、必ず「大量のお土産」を頂きます(笑)

ただの草むらか、と思いましたら、

ゴロンと、
2017suika1.jpg
スイカ

踏みつぶしちゃったら、大変(笑)

草むらに、ゴロンとスイカ 面白いですね

その後は、みんなで、キュウリの畑へ

キュウリ狩りー
2017kyuuri.jpg
沢山頂いても食べきれませんから、HEARTY セラピストは2本だけお土産に。戻ってから、何もつけずに1本そのままかじりました新鮮で、とっても美味しかったです。

スイカも食べきれないので、HEARTY セラピストは、カボチャを頂きました。

2017suika.jpg

従兄の手作り梅ジュース

2017umeJ.jpg
5倍に薄めて飲むそうです。

元銀行マンですよ。スゴイナ・・・。
今では職場を退職して色んな野菜を作っています。
HEARTY セラピストは、従兄(従姉)達の中では下から2番目。一番下の従弟も1歳だけ下です。なので、いとこと言っても、みんな結構上ですから伯父さん・伯母さんみたいな感じなんです。

少し前には、ビワ採りしたんですって。
HEARTY セラピストも、やりたかったー、ビワも好き💛
・・・イチジクはあるのかしら??(笑) イチジクも好き(笑)

こちらは、同日に集合した叔母手作りの
山椒の煮物?

2017sannsho.jpg
とっても、美味しいです

と、キュウリの古漬けと梅干しもまたまた頂きましたー。
でも、今年は、天候の具合で、梅干しが良く出来なかったと言っていましたね。

「おうちご飯」のカテゴリを作ってみました。 普段は質素に豆腐とか納豆が多かったり、簡単に出来る物ばかりで、ホントにキチンとしたお料理はしなくなりましたね

とんねるずの「おかげでした」見ていますか
HEARTY セラピストは世代的に「とんねるず」で、仕事でなければ面白くてたまに見ています
たまに、「チャチャッと」シリーズやるんですよね。
それが、美味しそうなんです
少し前ですが、どなたか女優さんが作られたパスタが、簡単で美味しそうでしたので、作ってみました

『しそ梅ささみ・パスタ』
2017umep2 (2)
《材料》
・パスタ・・・160g ⇒ 細い方が美味しそうかな?と思って1.4mmにしました。
・梅干し・・・2個 ⇒ 添加物無しの親戚から頂いた手作りのもの。
・しそ・・・3枚 ⇒ 実際4枚位使いました。
・無塩バター ⇒ お菓子の時も有塩使っちゃってますが、忠実に無塩、というか、梅干しや昆布茶が入るので有塩だと塩分強すぎそうと思って無塩に。
・昆布茶・・・スプーン2杯 ⇒ 多分昆布茶に付属のスプーンだと思うのですが、姉から頂いた梅しそ昆布茶の1杯分1袋の物を1袋使用。
・白ごま ⇒ 普段すりごま使用なんですが、忠実にいりごまを使いました。
・ささみ・・・2本
・だし醤油 ⇒ 一丁庵さんの物を使いました。
*パスタのゆで汁も使います。ので、普段野菜などを茹でる時は普通の水道水を使いますが、東京のお水は味付き?なので、還元水でパスタを茹でました。

梅は包丁でたたきます。
ささみは茹でて、氷水で冷まし割きます。筋を取らずに茹でてしまっても割く時に取れますので大丈夫です。
しそは千切りに。
パスタ以外をボールにいれておき、茹であがったパスタとゆで汁適量を入れて混ぜて出来上がり 作ってみて思った事は、 しそは、パスタも混ぜ終わってから最後に混ぜた方が、色落ちしなくて美味しそうだな、と思いました。なので、最後にシソを飾ってみました。シソは水にさらした方がピン!とします。

  2017umeP.jpg

これ、美味しかったです ささみなんて、最後に買ったのは覚えていない程買っていません。絶対に10年以上は購入していません(笑) 女性向のお味だと思います。男性には物足りないかしら?でも、とっても美味しかった 高たんぱくで低脂肪のささみは、これからもっと使うべきかもと思いました。

この女優さんは、何処かのカフェで、このパスタを頂いて美味しかったから何度も何度もご自宅でチャレンジして再現し、このレシピにたどり着いたそうです。凄いですねーホントにお料理上手な方は、そうされますよね。HEARTY セラピストは、外食で美味しいと思っても再現は絶対にしない派です。材料が何度も無駄になりそうな気がして・・・(笑)
なので、味わって調味料、何が入ってるかなんて全く考えません(笑)。 だから、研究してレシピを教えて下さって、とっても有難いです

暑い夏向きのさわやかなお味です。良かったら、皆様もお作り下さいませ

暑い毎日が続きますね。ちょっと、雨が降りますと、気温は高温にならなくても、蒸し暑いのは同じですね。


地球の温暖化が進み、オゾン層が破壊されてると聞いたのは、結構前のお話・・・。一度破壊されたものが元の状態に戻るのって、そんなに簡単では無いですよね。
エアコンの室外機からも熱い排気が出されて、益々気温が上昇しますし・・・。

以前、偶然見ましたTVで、北極圏の氷がかなり溶けているとの事、それがかなり進んでいるとの事で、永久凍土も解凍が進み、『ぶよぶよ、ふかふか』の土壌となってしまってるそうです。そしてそこから、大量のメタンガスが噴き出している映像に衝撃を受けました

当たり前になってしまっているのか、ニュースで殆どやりませんけど・・・。

メタンガスって可燃性で、二酸化炭素の何倍も地球の温暖化を進めるそうです。ボコボコ噴き出しているガスに火をつけるとボッと発火する映像もあって、かなり、恐怖を感じました この状況が実は毎日続いてるんだなあ・・、今後どうなってしまうのかしら、と思いました

以下の文章は、今年夏の記事です。

『北極圏に近い米アラスカ州の森林地帯に、異様な形をした「砂漠」がある。現段階で原因ははっきりしないが、地球温暖化がすすめば、こうした地形が増える可能性が懸念されている。
 「デューン」と呼ばれるこの地形は、同州西部のノームから東へ約400キロの永久凍土地帯にある。
アラスカ大のロマノフスキー教授によると、何らかの原因で凍土が解け、当初は池などが広がったが、水面から蒸発したり、保水力の低い土壌から水が抜けたりして、徐々に乾燥、風化してつくられた可能性があるという。』

森林の中に砂漠が出来ている、異様な光景の写真も掲載されていました(写真の拝借は出来ません。)
ホントに、「異常」だなあ・・と感じました

ice-2355039_640.jpg 

最近は、まさか、と思う様な、今までに無かった災害も多いですよね。「この場所は今まで、そんな災害は無かったから安心」という事は無くなってきちゃっていますよね

洪水の被害にあわれた方々、ご家族様を亡くされた方を思うと、本当に言葉を無くします。



さて、夏のお肌の環境ですが・・・。

「光老化」・・・これが老化の原因として最も大きいと言われています。
雨の日でも30%の紫外線が注いでいます。今は夏ですが、雪の反射はナント80% 若い時は、スキーはそれ程熱中しませんでしたので、逆に良かったかしら(昔はスノボではなく、スキーがメインだったのです)(スキーよりもスキーのアフターの温泉お泊りが好きでした)

日焼け止めは通年使用がお勧めです。環境破壊の結果がのちのち現れてくる様に、しみも、5~20年後に現れます


紫外線もそうですが、

暑いし汗もかきますし、夏はお肌の乾燥とは無縁と考えやすいですが、
肌トラブルを起こしやすいですね。

お肌のPH(ペーハー)って

お肌は通常4.5~6.0の弱酸性に保たれています。
オイリーな方は、酸性に近く、乾燥肌の方はアルカリに傾きやすいです。
しわやたるみを起こしやすい方は、オイリーな方よりは、やっぱりドライ肌の方ですね。とにかく、「保湿」と言われますが、ほんとに「保湿」です。日焼けの後は、徹底的に「保湿」をして下さい。

汗をかきますと、乾燥していないと感じやすいのですが・・・。
汗をかいてそのまま時間が経過したお肌は「アルカリ」に傾いています。肌PHが狂うんですよね。
汗だくだくでも皮脂膜が流されちゃいます。皮脂膜って、お肌のバリア機能を担っているものです。
また、冷房は乾燥します。

だからといって、1日に何度も洗顔・保湿は実際出来ませんから、
1日の終わりの肌ケアが重要になると思います

フェイシャル (2)

お手入れをせずに、バリバリ乾燥させてしまったお肌は、完璧にくすんでしまいます。
くすみの黒さは、陽に焼けた黒さとは、また違う黒さなんですよね。そして、肥厚しちゃってます。

しわもしみも無かったとしても、くすんだお肌は、老けた印象を与えますので、気にされる方はご注意下さいませ。くすんだ肌に白すぎるファンデも、かなり違和感です・・・ HEARTY セラピストは元々地黒ですので、黒い?ファンデを使っています(笑)  よく言われますのが⇒ 「化粧してませんよね」 ・・・してます(笑) ⇒ その後にすごく謝って下さるのですが、「自然に見られた」と思っていますので、全然大丈夫です(笑)

land-463443_640.jpg

ローションを塗らずに、クリームだけご使用の場合も、水分が完璧に不足しますから、くすみますし、肥厚します。
オールインワンジェル(クリーム)など、全て1つでOKみたいに宣伝されているものもございますし、ローション+クリームはもう古い位に書かれていたりしますが、HEARTY セラピストは、やっぱり、「ローション+クリーム」は基本だと思っています。
ただ、何もつけないよりは、オールインワンジェルを使用された方がいいですよね、もちろん。

p滝 (2)
~たっぷりの水分を与えて潤って下さいませ~

暑さと汗と乾燥と・・・、過酷な環境下の夏、日頃なかなか十分なお手入れが出来ない方には、「アロマフェイシャル」をお勧め致します。まず、栄養と保湿でお肌をいたわります ベースオイルは酸化せず、紫外線防止効果もある「ホホバオイル」もございますよ。

秋にはピーリングケアもお勧め致します