田舎は、お盆は8月です。
お盆には本家に伺いました。
そして、いつもですが、沢山のお土産を頂いてしまいます

なんと、この梅干しは、従兄の手作りデス

umehoshi.jpg
従兄、何歳でしょ??
多分、55歳位??・・・。
上手で、驚きですタッパーに几帳面に梅干しが並べられています

手作りの梅干しって、美味しいんですよね。市販されている梅干しは、意外とお高いし、添加物も入っていたりして、お味が全然違うんですよー

叔母も梅干しを上手に作るので、毎年頂いちゃっています
姉はたまに姉の夫の仕事を手伝いますが、基本、専業主婦なので、「この味を作れるように、習いに行って!!」とお願いをしましたら、イヤ~な顔をしていました(笑) お料理、あまり好きでは無いんですよね(笑)

続きまして、
こちらは、キュウリの古漬け。こちらも従兄の作品⇒梅干しを作った従兄の兄です。

古漬け
何歳でしょ??
定年退職しているので、60歳は超えているハズ・・・。
上手で、ビックリ

塩出しをしてから、カットして、ショウガとかミョウガとかと合わせても美味しいんですよね

・・・凄いなあ~

いとこは、お兄さん・お姉さんが殆どで、HEARTY セラピストより年下のいとこは、たった1人なんですよね。小さい頃は皆、親に連れられて本家に大集合していましたから、よく遊んで頂きました

ちなみに、HEARTY セラピストは、梅干しも古漬けも作ったことがありません(笑)

さて、お話は変わりますが、こちらは、HEARTY セラピストが少し前に気が向いてパパッと作った酢の物です。

sunomonofu.jpg
夏は、酸味の効いた物が頂きたくなりませんか??
タコもエビも入っていない地味~な酢の物ですが、
東京の方に「珍しいね」と言われましたのが、「麩」が入っている点です。

地元では、酢の物に「麩」を入れる事が多かったのです。水にふやかして、軽く絞ってからキュウリやワカメ・三杯酢と合わせます。
良かったら、お試し下さいませ

佐野ラーメン いってつ

国立 ウィル カフェ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿