精油は 「希釈して使用」 が原則ですが、
ラベンダーとティートリーはほんの少しでしたら、精油の原液をそのまま皮膚に塗布する事が可能な精油です。(オーガニックの信頼出来る精油が望ましいです。)

ところで、HEARTY セラピストはお料理は好きなのですが、
メッキリ真剣にやらなくなっていたのですが、気が向いたり、時間があります時は、やはり、基本好きですので、作ります。
なので、数日前に、かな~り、ひさ~しぶりに(笑)、カレーを作りました。・・・その動機は、このルウをいい加減に使わないと、ダメになってしまうかも??と思ったからです(笑)

ルウは、「バーモントカレーの辛口」がありました。
? あまりバーモントは使わなかったのですが、多分お安かったから、買っておいたのだと思います。もう記憶が・・・(笑)。(ちなみに好きな市販のルウは、ハウスの『ザ・カリー』です。)
なので、少し丁寧に作ろうと思い、鍋で唐辛子を炒め、玉ねぎも薄切りにして茶色になるまで炒めました。お肉は鶏ももを使ったのですが、塩・コショウ・SBの缶のカレー粉・小麦粉をまぶして、フライパンで焼き色を付けてから玉ねぎを炒めた鍋にローリエと一緒に投入して煮込む事にしました。ローリエがあったんですよ!!(笑) スープの素を使うとコクが出ますが、塩分が強くなってしまうので、根ショウガやニンニクなどをすりおろして入れようかな、と思いましたが無かったです(笑)。

本題に戻りますが、その炒める作業の時に、熱い油が手首に跳ねちゃったんです。かなり熱く、すぐ水道水で冷やしましたが、
かなり
「痛い」

ヒリヒリするレベルを超えていました。
完璧に水膨れが出来ると思いました。ずっと前にも腕に油が跳ねて、水膨れが出来、今でも痕が残っているのです。
なので、すぐにラベンダー精油を1滴塗布
すると、間もなく、あれほど痛かったのですが、痛みが消えましたよ。お料理中に既に痛みがいつの間にか取れていました。

翌日の火傷の状態です。

yakedo.jpg
手首の小指側(向かって右側)の赤い部分です。

水膨れも出来ませんでした。痕も残らないかも どうかしら

ラベンダー精油は1本あると、本当に便利な精油です。 ラベンダーについてのご紹介の記事はこちら ⇒ ラベンダー

ラベンダー精油は万能ですので、

芳香浴はもちろんの事、夏は虫よけ( ⇒古いですか?)にもなりますね。認知症予防として夜 に使うと良いとされていますが、更年期やストレスで自律神経が乱れがちな方にも、お休み時に毎晩1滴枕元やティッシュに垂らしても 自律神経失調症で、不眠の為に飲酒をされてる方、是非「ラベンダー精油」を
粗塩などに混ぜてバスタブに入れてもいい(粗塩などの基剤大匙1に対し、精油5滴をよく混ぜてから、浴槽に投入します。*水には混ざりませんので原液をそのまま浴槽には入れません。)ですし、肌質を選びませんから植物オイルに混ぜてトリートメントオイル(基剤5mlに対し精油1滴)として使うこともお勧めです。

・・・カレーのお味は、やっぱり、ちょっと甘かったですね

銀座 よし澤 (懐石料理)

夏の終わりのフェイシャルケア

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿