今年の秋にMTコスメティクスさんから、ボディクリエイトブランドと致しまして、「サンダルフォン」がスタートしております。

sanndarufonn.jpg

≪POINT≫
①血糖値を上げ過ぎない  サンダルフォンメソッド①
②筋力を落とすのではなく、脂肪を落とす
③運動(マッサージ) サンダルフォンメソッド③

今回は、②についてご案内致しますね。ご関心ございます方は是非ご覧下さいませ。

筋力を落とすのではなく、脂肪を落とす。

「糖質制限ダイエット」をされたご経験はありますでしょうか?
HEARTY セラピストも、エイジングに伴って、若い頃と比べると食べる量は確実に減っているのにもかかわらず、少し食べただけでも太りやすくなったな・・・と実感しています。あと、体重が戻りにくくなっていますよね そんなに真剣に、では無かったのですが、ちょっとだけ、炭水化物を何んとな~く抜いていた時期がありました。

・・・何が起こったかと言いますと、今ままで殆ど経験が無かった「便秘」になりました 便秘になって、(ああ、そっか、ご飯は食物繊維でもあったよね・・・)と気が付くのです。

でも、糖質を抜けば、体重は減少するみたいですよね。でも、あっというまに「筋力がおちて、体調不良になる」可能性が 炭水化物って、昔「熱や力の元になる栄養素」って学びましたよね。 20代なら耐える力もあるかも??ですが、ある程度の年齢になっていますと、様々な現象が起こり得る可能性が・・・ これって、怖くないですか??例えば、体重が落ちたはいいですが、逆に、お肌がたるんで「老け顔」になってしまったら、悲しすぎる~ 

また、ファスティング(断食)される方もいらっしゃいますよね。夜だけ食べないとか・・・。確かにWt.は落ちるかも・・・。でも、あっという間に戻ったというお話はよく伺います。あと、お風邪を引かれやすくなったとか・・・。免疫力が落ちるのでしょうね

様々なダイエット法がございますが、何を選ぶかは、自分次第

SpCA.jpg

サンダルフォン・バーニングカプセル 90粒×3袋 ¥8400-(税別)・・・1か月分です。
1日9粒摂取です。
お食事からの脂肪を体脂肪につなげにくくして、更に、体の中に蓄積された体脂肪をエネルギーとして燃焼していきます。

CLA(ベニバナ由来)が主成分で、EPA・DHAも含まれています。

 CLA・・・共役リノール酸とは

不飽和脂肪酸の一種でリノール酸から出来た物ですが、構造がわずかに違い、働きや効果は全く違います。

〇リノール酸は??

やはり不飽和脂肪酸の一種で、オメガ6とも言われ、必須脂肪酸(体内で合成出来ないので、体外から必ず摂取しなければならない脂肪酸)です。不足しますと、抜け毛や髪のパサつき・傷の治癒の遅れなどがあります。また、LDL(悪玉コレステロール)を下げますが、HDL(善玉コレステロール)も下げてしまうといわれています。

しかし、不飽和脂肪酸ながら、現代のライフスタイルにおいては、むしろ「過剰摂取」が懸念されている栄養素です。特に、オメガ3(αリノレン酸やEPA、DHAなど。)が不足した状態でリノール酸を取り過ぎてしまうと、アトピーや喘息を悪化させるなど、アレルギー増悪のリスクがあります。
通常の食生活で十分摂取出来る栄養素です。

〇共役リノール酸は??

必須脂肪酸ではありませんが、やはり体内では合成されません。乳製品や牛肉・ゴーヤに含まれる栄養素で、脂質代謝に密接な関係があります。

脂肪の燃焼を助け、また脂肪のため込みを抑制する事が特徴筋肉に栄養を届けますので、代謝がアップします。筋肉量が上がると基礎代謝も上がるのですね
また、抗酸化作用もございますので、アンチエイジングにもGOOD

EPA、DHA・・・エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸とは

皆様は、もう「体に良い」という認識はおありだと思います。こちらも不飽和脂肪酸で、必須脂肪酸、オメガ3と呼ばれるものです。LDL(悪玉コレステロール)・中性脂肪を下げてくれる脂肪酸ですね。イワシ・サバ・サンマ・マグロの脂に多く含まれています。

脳の活動を活性化させたり、視力を良くしたりなどの、神経系に作用するのが、DHA。
EPAは、主に血液に働きかけ、血栓や中性脂肪が体内に溜まるのを防ぐ働きがあります。

(同じくオメガ3と言われるものに、αリノレン酸がありますよね。これを多く含む食品が、亜麻仁油・エゴマ油・HEARTY セラピストの勧めますチアシードです。)

Wchia.jpg

サンダルフォン・メソッド  次回は、③運動(マッサージ)についてご案内致します予定です

神楽坂 ブラッスリー グー & 亀井堂のパン

栃木 パウンドケーキのサンノアン♪得々情報♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿