秋は美味しい物が盛りだくさん

先日、伯母(父の姉)夫婦の家に、何人かの親戚で集まり、「お芋会」を行いました~
父の兄弟は、既に男性(伯父、叔父)は全員他界してますが、女性(伯母、叔母)は全員健在です。
・・・両親はいなくても、こうして、実家の様に、伯母夫婦の家に皆で集合し、ワイワイ・ガヤガヤ楽しく食事会が出来るなんて、本当に、幸せだな~ありがたいな~とつくづく思うのです

集合時間は、なんと、朝の8時30分 田舎の朝は早いのです

到着して、車を降りた瞬間、従姉妹(父の兄の娘)が「いい匂い~」と言うのです。「・・・何も匂い、しないよね??」と言うと、「草の香り~」との事 ・・・素晴らしいっ 従姉妹は、東京生まれの東京育ちなんですね。この草の香りに感動する感覚 とっても素敵だな~と思いました。HEARTY セラピストは、「草の香り」⇒当たり前すぎて、全く分かりません(笑)!!

まずは「こんにゃく芋堀り」&「こんにゃく作り」で~す 初体験 

konnnyakuimonokuki.jpg
この、こんにゃく芋の茎が枯れて倒れている所を目安に掘り起こすのです!!皆様「芋がら(ズイキ)」ってご存知でしょうか??八つ頭などの葉柄の部分で煮て食したりするのですが、やっぱり、その「芋がら」に似てますね。
・・すると、
takusannnokonnnyakuimo.jpg
こんなお芋が掘り起こされました~ これが、お庭?敷地内?にたっくさんあるんですよ~、スゴイッ

arattakonnyakuimo.jpg
こちら、ちょっと、育ちすぎなんですって。普通は3年物が良いみたいですが、今回使ったお芋は5年物で、大きいかぼちゃみたいな外観です。

kimowkirimasu.jpgimokomagiri.jpgimomikisa-.jpg
このお芋(大き過ぎたので1/2個⇒3kg分はあったと思います。)を切ってミキサーにかけ、トロトロにします。手がかぶれてしまうので、必ず、ゴム手袋をするんですって!!ミキサーにかけたお芋1kg分をぬるま湯約3Lの中に入れて混ぜ、ぬるま湯で溶いた炭酸ナトリウムを加えて、火にかけます。

imomoto.jpg

kataniirete.jpg
鍋から離れるくらいに煮詰めたら、型に入れて、3~4時間かけて固めます。

konnnaykuniteru.jpgmizunisarashitakonnnyaku.jpg
固まったら、切って、大鍋で40分位煮てアクを抜き、更に流水にさらしてアクを抜きます。

出来たっ 初・手作りこんにゃく~
dekiagarikonnnyaku.jpg
*主に、叔母(父の妹)が作り、従姉妹(父の兄の娘)がサポート。HEARTY セラピストは、写真撮影(笑)

さて、伯母夫婦の家は、庭?敷地?がとっても広く、敷地内に「フキ」の群生地が、なんと2、3か所も
chiisaifuki.jpgfukiappu.jpg
なんて、美味しそ~なんでしょう 小さいから、柔らかそうで丸ごと食べられそう この時期も食べられるそうですが、やっぱり春ですよね!!楽しみ~(笑) 次は「ふき取り」かしら

そして、柿!
hakonokaki.jpg
蜂屋柿(はちや柿・渋柿)と言うそうです。今年は、柿も大豊作みたいですね。これは、姉の夫が、柿採りしました。柿採り初体験で、楽しそうでしたよ~

yuzunoki.jpg
「ゆず」もすごい~


続いて、秋の味覚里芋が沢山入った「煮物作り」で~す

この里芋も、もちろん、伯母夫婦の作品!
satoimooishii.jpg
こちらは、あらかじめ、伯母夫婦が掘っておいて下さいました。
HEARTY セラピストと姉が、煮物担当です

oonabenimono.jpg
大鍋で、ドッサリ出来ました~

ohurugohann.jpg
豪華では無いですが、田舎の昼ごはん
ざるうどんに、ざるそば、漬物、煮玉子、煮物、セブンイレブンのおにぎり
里芋、美味し~っ
ねっとり これ、ただ蒸して、お醤油ちょっとつけただけでも、多分、相当美味しいですっ!!!

満腹になったら、今度は「お庭探検」です♪
hyakunichisou.jpghyakunichisou2.jpg
皆様、「百日草」ってご存知ですか?
HEARTY セラピストにとっては、「昔からあるお花」というイメージなんです。本家や親せきの家の庭に必ず咲いているお花 綺麗~ そして、懐かしい~

kibara.jpgpinnkubara.jpg
今風(笑)のバラも咲いていますよ~ こちらは、伯母の息子の奥さまが植えられました。何というバラかしら??黄色のバラは、とってもいい香り~

また別の従姉妹(伯母夫婦の娘)もかけつけ、ただ、伝わりきれていなかったのか、やっぱり、里芋の煮物大鍋一杯とざるうどん、その他をてんこ盛りで持参 メニューがかぶってる~(笑) そして、煮物の中身も「里芋、大根、ニンジン、ゴボウ、さつま揚げ、ちくわ、こんにゃく、シイタケ」全く一緒でした やっぱり、親族ですね~

手作りこんにゃくと大盛りの煮物など、などを、この後皆で、お土産にし、
全員で「写真撮影」

朝から晩まで、本当に、楽しかったで~す アドベンチャーランドみたいっ

伯父さん、伯母さん、皆さん、お世話になりました!!また、宜しくお願いしま~す!!!(また、春に、笑)

**肝心の「手作りこんにゃく」のお味ですが、とってもミズミズしい感じでしたので、刺身こんにゃく、とか後は、空炒りというのかな?こんにゃく自体の水分を飛ばした後に、出汁の素、醤油、酒、砂糖を煮含めた「玉こんにゃく」みたいな感じで頂きました。美味しかったで~す











秋・冬のお勧め精油

美味しい情報♪パウンドケーキのサンノアンさん♪

comment iconコメント ( 4 )

自家製こんにゃく、おいしそ~~~~e-446
地元でいただく田舎ごはん、何よりのごちそうですよね。
こっちにいると主に食材はスーパー頼りになっちゃうけど、田舎だと実家で作る野菜やご近所・親類からのお裾分けなんかで、旬をすごく実感できるし、スーパーで買ってきたものより全然おいしいんですよね~~e-454

名前: yumerin☆ [Edit] 2015-11-02 15:38

Re: タイトルなし

yumerin☆さん
初めてにしては、上出来だったと思いますi-234
伯父、伯母も、かなり年齢を重ねて動くのもままならなくなり、こんにゃく芋をもてあましていたみたいです。息子夫婦も仕事で多忙で、そこまではなかなか難しく・・・。
伯母が「こんにゃくの花が咲くんだけど、くっせ~んだ!!(臭いという事)」と栃木弁で何度も言うので、皆で大ウケでした(笑)
採り立てを頂ける事って、本当に何よりの贅沢だなあ、と思いましたね~e-257

名前: アロマサロン HEARTY [Edit] 2015-11-02 23:07

楽しそう

ご実家での「お芋会」楽しそう、
こんにゃくの実って、初めて拝見しました
すごい、ハロウインみたい、
手作りのこんにゃく、きっと美味しいのでしょうね。
お煮しめの料理、母が時々作ってくれますが
実家で集まって食事することはなくなってしまいました。
「お芋会」いつまでも続くといいですね。

名前: keiko1203 [Edit] 2015-11-04 01:02

Re: 楽しそう

keikoさん
こんにゃく芋、そうですね、ハロウィンみたいかもe-487
地元の「鹿沼こんにゃく」が名産なのですが、鹿沼こんにゃくは、歯ごたえが「ブリッv-237」としてるんです。この時の初・手作りこんにゃくは、水分多めで、お刺身向きでしたけど、自分たちの作品(殆ど、叔母が作ったのですが・笑)と思うと、一層美味しく感じちゃいましたv-350
伯母夫婦の息子(従兄弟)とその奥様とも仲良くさせて頂いているのですが、きっと、交流出来るのは従兄弟夫婦の代までかな~と思いますねi-179

名前: アロマサロン HEARTY [Edit] 2015-11-04 16:49

コメントの投稿