『秋のアロマセラピー・キャンペーン♪』 終了致しました お越し下さいましたゲストの皆様、誠にありがとうございました

「ホワイト・チアシード」  ゲストの皆様のご関心も高く、途中、多めに追加で入荷致しました ・・・やはり、黒より白の方がいいですよねっ(笑) 「見た目」と、「吸水力」が白の方がいいのです。 ・・・試した結果、1日大匙1杯(必要な栄養素は1日大匙1杯でOK)のチアシードを吸水させる水の分量は、100mlが一番良かったです 寝る前に作り、朝にはいい感じで、「グルコマンナン」が形成されています。1時間の吸水時間だと、足りないですね、やはり、半日位、もしくは一晩が良かったです。途中、可能であれば、1回くらいかき混ぜると、均等に吸水するのでもっとBESTでしょうか。朝は、チアシードとヨーグルトで、ヘルシーに ダイエット目的でしたら、夜に召し上がられた方が、夜の全体の食事摂取量が少なくなっていいでしょうね。 関連記事⇒ お勧め!スーパーフード♪

pixta_5036520.jpg


今回は、「精油(エッセンシャルオイル)」のお話です。


昼間は「ローズマリー・カンファー」&「レモン」、夜は「ラベンダー」「オレンジ」。 この精油の組み合わせが、認知症対策だけでなく、自律神経を整える事にも効果的といわれています。

また、高温多湿の夏を快適に過ごす為にHEARTY セラピストのお勧めの精油は、冷却効果のある「ペパーミント」でした

さて、これから向かってまいります秋・冬の寒い季節にお勧めの精油は

nashirinngoseiyu.jpg

セラピストによって、お勧めの精油は様々と思いますが・・・、
「ベンゾイン」&「オレンジ」などは如何でしょうか??

ベンゾイン
 
安息香(あんそくこう)ともいわれるように、「息を安らかにしてくれる香り」です。歴史は古く古代から使われてきた精油で、バニラの様な甘い香りは香水にも使われ、香りも長持ちします。不安感を取り除き、深い呼吸を促してくれる癒しの精油です。

血液の循環を良くするので体が温まり、咳・痰などの症状を軽減させますので、呼吸器系の疾患や、膀胱炎などの泌尿器系にも良いとされます。

温かみのある精油ですので、寒い時期にお勧めですねまた、固くなったお肌を柔軟にするエモリエント効果もございますので、これからの季節にピッタリです。

【英名】Benzoin
【学名】Styrax benzoin
【科名】エゴノキ科
【抽出部位】樹脂
【抽出方法】溶剤抽出法
【主な有効成分】ケイ皮酸エステル・バニリン

オレンジ・スイート

シトラスの香りは、馴染み深いのでアロマセラピー初心者でも抵抗が無い香りですね。
シトラス系の中でも、オレンジは、温かみのある香りですので、「ホッ」と出来る香りです。
小春日和の太陽や、暖かな暖炉 の様なイメージ・・・。
シナモンとオレンジって相性がいいですから、芳香浴で合わせても「暖かい」空気感を作れそう・・・。

オレンジは、心をウキウキと気分を明るくしてくれる精油です。

精神的な問題からくる神経性の胃痛や下痢などの消化器症状も緩和してくれますよ

【英名】Orange
【学名】Citrus sinensis
【科名】ミカン科
【抽出部位】果皮
【抽出方法】圧搾法
【主な有効成分】リモネン・リナロール・シトラール

寒くて乾燥する季節も、アロマセラピーで、ほっこり あったか HAPPYに過ごしましょう

日光【大自然編】

実りの秋【お芋】

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿