伊豆下田
shimoda駅前

下田(しもだ)を訪れましたのは、3回目ですが、今回なんと、「初一人旅」 
・・・もちろん、一人でホテルには何度も泊まった事はございまして、でも、行った先で友達と会ったりなどしていましたから、最初から最後まで 『一人』は、初めてなんです~ (一人ご飯や、一人お出かけは、いつもの事なのですが。) 

初めて下田に旅行に来たのは、高校生の時です!!!3泊4日だったのですが、学生で、友達と行きましたので、全て民宿泊。そのうち2泊は白浜の民宿でしたが、ホント~に、「普通のお家」で、「普通のご飯」でした(笑)。食べ盛りの高校生でしたから、お昼は下田の町の洋食屋さん「やまがた」さんで、一番お高いステーキのコースを注文した事を覚えています、多分飢えていたのかも??(笑)。残りの1泊は河津(かわづ)・湯ケ野温泉にあります「民宿 てっぽう」さん。こちらは、民芸調のお宿で、お風呂は温泉でしたし、良かった事を覚えています。

自分でも気が付きませんでしたが、「港町」って好きみたいです・・ 横浜はもちろん、函館、神戸も行きましたし、でも長崎はまだなんですねー、長崎はいずれ必ず行きたいと思っています

初日は、寒い日でした 東京・横浜では初が降った日です。
冬でも暖かい伊豆でも、この日はちょっと寒かったので、スケジュールをどうしようかな・・、と思いましたが、水仙を見に行ってみることにしました。

爪木崎(つめきさき)という、下田の町からすぐの須崎(すざき)半島にある岬には、野水仙の群生地がありまして、この時期は白い可憐なお花を咲かせてくれます
すいせんまつり

岬の周辺の海に臨む斜面は、野水仙が一面に咲いています。
この爪木崎から、須崎にかけての半島の海沿いには「須崎遊歩道」があります。岩場コースと海岸コースを選択出来るのですが、海岸コースは、山道もありますがダイナミックな海景色の海沿いを歩く事が出来ます。HEARTY セラピストは、高校時代に、既に歩きました

「須崎遊歩道」とっても、良かったですよ

・・ただ、「なんとかサスペンス」に出てくる事件現場になりそうな、岩場の海景色なので、ちょっと今回一人では怖いし、この日は寒かったので、行きません。
爪木崎2
爪木崎1
アロエの花もまだ咲いています(朱色の花)

水仙1
一重
水仙八重
八重

いい香り~ 小さな花ですが、香りは甘く濃厚で、ウットリ・・・
可愛いですね 伊豆は、冬でも至る所でお花が咲いていました。基本的に冬でも暖かいんですね!!
お花って、改良種ではない、原種の方が、香りが強かったりしますよね

でも、この日はちょっと寒かったので、とっとと岬からは退散です(笑)

お昼は下田のあるお寿司屋さんに伺いました。
マグロ3種
実は前日の夜に食べ過ぎてしまって、まだちょっともたれ気味・・。やはり、もたれるって、「年」ですか??(笑)
なので、「ご飯(シャリ)を小さくして下さい」とお願いしました。

こちらは、お好みで注文しても1種類2個づつ出てくるスタイルのようです。
何故か、伊豆の地魚をお勧め、ではなくて、大間のマグロを築地から仕入れているそうで、こだわりがあるみたいでしたので、赤身・中トロ、大トロの全種類をお願いしました。
カニ汁
他、あなご、カニ、コハダを握って頂きました。
卵焼き下田

岩手県南部鶏の卵使用の卵焼き
この卵焼き、美味しかった~しっかり焼き目が入っている方が香ばしくて好きです。
実は、あまり、カステラタイプの卵焼きは好きではないのです。
こちら、お会計は、銀座価格??でした 

下田の町
さて、大好きな下田の町を散策です
HEARTY セラピストは、地図を読む事が結構得意なのですが、あえて、地図は持たずに、探検ですっ 楽し~っ

ペリーロード風景2
鎖国状態だった日本が、開港となって、ペリーさんが歩いたとされる「ペリーロード」
なんか、この町の雰囲気、可愛くないですか

ペリーロード風景
下田の町は、とっても小さいのですが、可愛らしくて、好き

pのカフェ
風待工房(かざまちこうぼう)
ペリーロードにある、古民家カフェ、と思います。
下田の町に合ってる~。

邪宗門

下田の特徴の「なまこ壁」
有名な珈琲屋さん「邪宗門」さん。珈琲が飲みたかったのですが、お休みだったみたい。

その他、可愛いカフェが意外と沢山ありましたよ全部行ってみたい

さいか屋さん
んっ??雑賀屋(さいかや)さんが、なまこ壁に綺麗にリニューアルされていました!!こちらは、昔からのお菓子屋さん(飴)なんです。昔、こちらでお土産を購入した記憶があります。
こちらのお菓子(飴)を、翌日、今回の宿泊先の「濤亭(とうてい)」さんが、お土産として下さいました

とうていお土産さいかや2

見て下さい!形が歪でしょう?手作り感あふれて、頂いてみたら、とっても美味しいっ 黒飴ってこんなに美味しかったでしたっけ?一気に5個くらい連続で頂いちゃいました

また、町の何箇所かには、足湯や手湯が作られていました。

テ湯
「神の山の手湯」
下田温泉も湯量が豊富なんでしょうね。

さあ、今晩のお宿です。
浜辺の宿 濤亭(とうてい)さんです。
カイカ景色2
目の前が、「入田浜(いりたはま)」という白砂のビーチで、水質はAAという美しさ
本当に、すぐ目の前が砂浜です

最高の贅沢
今回は、お料理よりも、お風呂よりも、「ロケーション」を最重要視して、こちらのお宿を選びました
でも、お料理も、お風呂も、良かったですよ

濤亭さんのお食事の詳細記事は  こちらの記事です。

カイカ1
お部屋も、とっても落ち着きます~

カイカ鏡台
鏡台

カイカ景色3

濤亭さんのお風呂も、檜と伊豆石で作られていて、とっても良かったです。HPで、ご覧下さいませ。⇒ 濤亭さんのお風呂

仲居さんが「一人では退屈でしょう・・?」と気にかけて下さいましたが、
温泉に入ってポカポカに温まり、この最高のロケーションの旅館のお部屋で、好きなTVを見入って、ノ~ンビリ なんとも贅沢な時間を過ごさせて頂きました
途中、こちらの若女将さんが、わざわざご挨拶に来て下さいました。

下田1泊一人旅、翌日は、お天気も良さそうです 

浜辺の宿 「濤亭」

マフィン作り(試作)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿