お彼岸中、ほんの一瞬だけ浅草に行きました。
浅草、すごい人ですね!海外の方も増えましたよね。

どら焼きの超有名店 亀十さんのどら焼きを買いましょう、という事で行ってはみたのですが、開店前から長蛇の列でした~

列の整理をされる店員さんに伺ったら、1h待ち、との事。無理ですね(笑) 
皆様、お彼岸ですから美味しい和菓子をと、考えますよね


(・・・私には、草餅がある  )と、次に向かったお店は松屋浅草さんの1Fに入っています東京 向島(むこうじま)が本店の
『志゛満ん草餅(じまんくさもち)』さん

jimanntennpo.jpg
志゛満ん草餅 ⇒ 志゛満ん草餅販売店舗
松屋浅草 1Fの奥、ゴディバの反対側にあります。こちらのデパートの販売店舗ではバラ売りはされていないそうです。向島の本店の方は、1個から購入出来ますよ。

annashi.jpgannnashi1.jpg
きな粉と白蜜で頂くタイプ
7個入り¥1180-

anniri10.jpganniri1.jpg
が中に入っているタイプ
7個入り¥1180-

賞味期限は、製造日当日中です!

柔らかくて、ヨモギの香りが本当に豊かです
心の底から、美味しい~っ

お店の方に伺いましたら、地元の方に人気なのは「きな粉と白蜜」の方だそうで、地元以外の方には「餡入り」が人気だそうです。黒蜜では無くて、白蜜なのは、ヨモギの香りを消さない為と、お店の方が教えて下さいました。きな粉は、た~っぷり入っていました。慌てて頂くと、気管に入ります(笑)・・・山梨の信玄餅でもやりがち(笑)

お店(本店)は、墨田川の近くにありました。創業100年以上のお店ですから、昔は川の土手に自生していたヨモギを使っていたのでしょうね。販売店舗は、都内を中心としてデパートの地下などで、「曜日限定」で販売されています。毎日の販売では無いのは、多分、年間を通して生のヨモギを使うこだわりがあるので、量産が出来ないからかなあ?と思います。

昔、HEARTY セラピストの祖母の妹が、田んぼの土手などに生えているヨモギを摘んで、手作りの草餅をよく作ってくれた事を思い出します

続いては、
栃木 鹿沼市の小磯菓子店 「道祖神饅頭」と「黒字饅頭」

Dhakoiri.jpg
ブログで以前にもご紹介致しました。あまりにも美味しくて、またまたの登場です(笑)
地元では大大人気のお饅頭屋さん ⇒ 小磯菓子店
宅配も可能ですよ~

どうそじんMどうそじんあっぷ
道祖神饅頭 ¥110-
黒糖入りの皮と小豆餡

くろじkurojiappu.jpg
黒字饅頭 (くろじまんじゅう) ¥110-
竹炭入りの皮と手亡豆(てぼうまめ・白いんげん)餡

賞味期限は、製造日を含めて4日でした(3月の場合)

つやっ・プルッ・しっとり~・柔らかで、
美味しさパーフェクト

HEARTY セラピストは、通常は白餡より小豆餡の方が好みなのですが、こちらのお饅頭は白餡(黒字饅頭)もかなりの美味しさ!どうして小磯さんのお饅頭はこんなに美味しいのかしらどうやったら、こんなツヤプルの皮が作れるのでしょうね~

桜のハーブティ

春ですね

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿